« 瀬戸内国際芸術祭2016へ | トップページ | 瀬戸内アート二日目は、鬼ヶ島伝説の女木島・男木島へ »

2016年7月23日 (土)

多島海で繰り広げられるアートを観に、小豆島へ



日生からフェリーで小豆島へ。船の旅は未だに少年のようにワクワク(*^^*)


島中のあちこちに点在するアートを、マップ片手に探して回る。
"オリーブのリーゼント"・・・はにかみ屋のお兄さんが迎えてくれる(*^^*)


古い建物を改装して画廊に。立派なものだ。


江戸時代から続く農村歌舞伎のは、今も現役。収穫に感謝し、日頃の苦労をねぎらい合う晴れの舞台。


里山の一角に巨大な竹のオブジェ・・・ワン・ウェンチー(台湾)による"オリーブの夢"。



4000本の竹を組み合わせたドームの中は、ひんやり涼しくて、竹と影と背景の緑が心地よい空間を創り出す・・・いつまでも居たくなるなぁ〜^ ^


見上げれば"中山の千枚田"
過疎の農村に、豊かに受け継がれてきた歴史や文化が、いま世界の芸術家の想像力を刺激し、島々にアート作品となって展開。
案内してくれるおじさんおばさんたちも生き生きしている。

今日は、高松経由で女木島、男木島へ。どんなアートや人々と出会うか、楽しみ(*^^*)

坂本 洋

|

« 瀬戸内国際芸術祭2016へ | トップページ | 瀬戸内アート二日目は、鬼ヶ島伝説の女木島・男木島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63953322

この記事へのトラックバック一覧です: 多島海で繰り広げられるアートを観に、小豆島へ:

« 瀬戸内国際芸術祭2016へ | トップページ | 瀬戸内アート二日目は、鬼ヶ島伝説の女木島・男木島へ »