« 夏休みが短縮されて、親は喜び子どもはガックリ・・・ | トップページ | 畦道の草刈りはジェイソン気分(^^;) »

2016年8月27日 (土)

それでもやっぱり太郎と洋平 今度は‟憲法フェス”だ!

14079942_1234197426610649_6109085_2

参議院選挙東京選挙区で落選、その後首相夫人の安倍昭恵さんの招きに応じて官邸へ。さらには沖縄高江のヘリ基地建設に反対するテント小屋に安倍昭恵さんを案内したことなど、お騒がせ続きの三宅洋平・・・私の周りの‟リベラル”な人々からも猛烈なバッシングが起きた(>_<)

「軽率」、「体制に取り込まれた」、「闘いへの裏切り」などなど・・・。

Pic_0014_3

しかし、三宅洋平ファンは驚かない。彼が目指すのは対立を超えた対話。ほとんど全ての‟選挙フェス”で洋平のスピーチを聴いた私だが、「アベ死ね!」と「日本から出ていけ!」から生まれるのは憎悪と不毛な対立だけ・・・これはIS(イスラム国)を生み出した構図と同質のもの。‟無敵主義”を標榜する洋平は敵をつくらない。

天皇直訴事件を引き起こした太郎、首相夫人と対話する洋平・・・どちらもとんでもないことをやらかす「規格外」な若者たちだ(^-^;

私自身はリベラルに身を置く立場だが、いまやリベラル勢力はジリ貧・・・安倍政権によって土俵際まで追い詰められている。

ワイドショーで垂れ流される「我が国を取り巻く安全保障環境の変化」によって、とうとう「戦争のできる国」に変えられ、憲法改定も現実のものとなりつつあるが、それでも政権与党の支持率は高止まりのまま・・・。

この状況に風穴を開けるには、選挙に行かない層に働きかけるしかない。SEALDsが突破口を開け、野党共闘が実現したが、少し右よりになった中間層には野党は切り込めない。これができるのは洋平だけかもしれない。

リベラル勢力が闘う相手は洋平ではない。安倍政権の憲法改定は絶対阻止する。この一点でそれぞれがそれぞれの場で共闘しなければ・・・。そして洋平と太郎は新しい取り組みを開始する。今度は「憲法フェス」だ!

14100413_1234208666609525_529068963

年明けにもあるかも知れない解散総選挙、洋平は東京比例区に仲間3人を募って立候補・・・あるいは3年後の参議院選挙に比例代表で当選をめざす。絶対に議員になって、太郎と洋平のツートップで暴れることを宣言! いいねぇ~(#^^#)

そんな太郎と洋平の新しいキックオフイベントとして、東京・名古屋・大阪で「憲法フェス」を開催。大阪は9月11日(日)。

11:00~14:00 北区の中崎町ホールと屋外で、フェスやフリーマーケット

15:00~17:00 ヨドバシカメラ前で「憲法フェス」

18:30~20:30 中崎町ホールで夜の部(スピーチ、討論など)

‟ふんわり感”を大切にしながら、改憲へのファイナルラウンドに向けて考えるプラットフォームにしたい・・・とのこと。

太郎と洋平ファンはもちろん、洋平にモノ申したい人もぜひ!

私もスタッフとして微力を尽くします(#^^#)

坂本 洋

|

« 夏休みが短縮されて、親は喜び子どもはガックリ・・・ | トップページ | 畦道の草刈りはジェイソン気分(^^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64116019

この記事へのトラックバック一覧です: それでもやっぱり太郎と洋平 今度は‟憲法フェス”だ!:

« 夏休みが短縮されて、親は喜び子どもはガックリ・・・ | トップページ | 畦道の草刈りはジェイソン気分(^^;) »