« 選挙に立候補するという友人へ | トップページ | ヘチマ水を持って‟結みのお”へ »

2016年9月15日 (木)

憲法フェス大阪のレポート、三宅洋平がRetweet

Img_6172_2

9月11日に行われた三宅洋平と山本太郎による「憲法フェス・大阪」・・・政治を祭りごとにするイベントは、マルシェ有り、大阪駅前での野外トーク有り、さらに夜には三宅洋平ミニライブまでと盛りだくさんな一日。

カメラ係として参加した私もレポートを書いたのだが、FBつながりの女性からTwitterへの投稿を勧められた。すごく良いレポートだったので是非!はじめに@MIYAKE_YOUHEI って入れてからブログを添付する・・・わかってるわい!と言われそうですけどね・・・(笑)

@nekono_hitaiというアカウントは持っているのだが、Twitterはほとんどやらない私・・・実は投稿方法も知らなかった(^^;) 

教えてもらったように@MIYAKE_YOUHEI http://neko-blog.cocolog-nifty.com/nekologue/2016/09/post-f0f4.htmlと投稿したところ、洋平がRetweetしてくれて、それによってまた何人かの人がTwitterつながりで拡散。

ブログとFBに限定している私だが、Twitterのスピード感に改めて感心した。ただ、このスピードが、時として‟炎上”につながってしまうわけだ・・・。短い文章で正確にレポートするような才能のない私にはあまり向いていないかな。

ところで、私は単なる当日スタッフとしての参加だったが、「憲法フェス大阪」の実行委員会を担った人たちには相当な御苦労があったようだ。特に、直前に安倍昭恵さんの「高江訪問事件」を手引きした三宅洋平には、市民運動の活動家から激しい批判が殺到・・・

Twitterへの投稿を勧めていただいた女性は、「私はものすごいショックを受けましたが、この二人(三宅洋平と山本太郎)にがんばってついていかなくては何も始まらない、と思いました。私の知り合いの活動家の皆さんはあっけに取られて無視!状態です。」と。

そして活動家で建築家・・・事務局の中心にいた人のブログにはそのあたりの葛藤が詳しく書かれている。

・・・(ブログから一部を引用)7月の選挙直後に、全国10箇所というアイディアから始まり、大阪は実行委員会を作ってバックアップするということを決め、走り始めた。

その直後、三宅洋平氏と安倍昭恵のお食事会のFBアップがあり、私は踏み出した一歩目の足が絡まって転倒した。

いわば顔面を地べたに直撃したような状態で、何故なんだろうと考えて、私なりに整理をした。

そうか、三宅さんという人は、敵VS味方という構図で考えないのか。敵という概念がないのだ。

なるほど、私とは違うけれども、そういう発想もあるよな、と気を取り直し、はじめの実行委員会を行った。

と、その直後、こんどは安倍昭恵を高江のテントに連れて行ったというニュースが。これにはもう、頭を抱えた。

高江の現場と言うことは、お食事会のような個人の問題では済まない。私が実行委員会に誘いたいと思っていた人たちのなかでも、かなりの批判が出るだろう、ということは容易に想像が付いた。

正直言えば、もうやめようかと思った。

フェス自体は、実行委員会があろうとなかろうと、それなりの形でできる実力は三宅事務所は持っているのだから、ここで無理をして関西の溝を広げることはないのでは、と何度も考えた。(引用終わり)

世の中に正面から向き合い、仕事も活動も誠実に取り組む人の感想・・・ぜひ全文を読んでいただきたいと思う。

リベラルとオルタナティブ・・・普通はそれぞれに独自に活動していて、ほとんど混じりあわない層だと思うが、二人の若者の求心力が上回って、”とりまユナイト”・・・私にはこれが何よりうれしいね(#^^#)

坂本 洋

|

« 選挙に立候補するという友人へ | トップページ | ヘチマ水を持って‟結みのお”へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64205645

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法フェス大阪のレポート、三宅洋平がRetweet:

« 選挙に立候補するという友人へ | トップページ | ヘチマ水を持って‟結みのお”へ »