« 若者の与党びいきで日本は分断社会へ | トップページ | ヨーグルトメーカーって結構使える »

2016年10月 3日 (月)

収穫の秋 分配に苦慮

Dsc05888

大阪府能勢町で無農薬・有機の米作りを続ける猫の手倶楽部、先月稲刈りをしたが、おかげさまで今年は豊作。

35アールの田んぼで玄米30Kg入り袋が64袋=1920kg 10a当たりでは→1920÷3.5≒549 農水省の資料によると、昨年度の平均収量は517kgだから、少し上回りました。

この新米を、草抜きに参加したファミリーで購入希望者に割り振るのが世話人の役割・・・昨日は一日中Excelとにらめっこしていました(^^;)

猫の手倶楽部新米配分について。

豊作(64袋)とはいえ、参加者も激増、とても希望通りは無理。

公平を期すため、以下の条件で配分を決めました。

1、草抜き参加者で購入希望者には最低1袋は確保

2、最大2袋まで

3、草抜き参加回数で2袋のファミリーを選別

減らされたファミリーには恐縮ですが、息子とフル参加の坂本が1袋にしていますので、どうかご容赦ください。別便で個別の配分をお知らせします。

“八方美人で気が弱い”私にとって、誰かから減らしてもらうというのは心苦しい限り・・・こんなメールを送ったところ、このところの常連メンバー数家族から、「減らしてください!」という申し出があった。嬉しいねぇ~(#^^#)

有難い限りだが、子育て真っ最中のファミリーを優先したいので、気持ちだけいただくことにした。

猫の手倶楽部は、米作りを通じて農家と親しくなり、田んぼや里山を子どもたちに体験してもらい、結果として安全な美味しい新米をいただくことを目的にしている。

参加ファミリーが増えることは嬉しいが、ポリシーをご理解いただくのが次第に難しくなるのが悩ましいところ・・・そろそろ私の能力を超えてしまったようだ。

坂本 洋

|

« 若者の与党びいきで日本は分断社会へ | トップページ | ヨーグルトメーカーって結構使える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64291752

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫の秋 分配に苦慮:

« 若者の与党びいきで日本は分断社会へ | トップページ | ヨーグルトメーカーって結構使える »