« 収穫の秋 分配に苦慮 | トップページ | 雨の合間にカメラ散歩 クローズアップの魅力 »

2016年10月 4日 (火)

ヨーグルトメーカーって結構使える

Dsc06678_2

以前は見向きもしなかった乳製品だが、糖質制限の身となっては有難い食材・・・牛乳、チーズに加えてヨーグルトも愛用するようになった。毎日食べるだけにその中身や味も気になるところ。

スーパーでおなじみのヨーグルト、左は「ヨーグルトの正統」で160円くらい。右は「生乳100%」で、同じ大きさだと230円くらいする。

Dsc06681

汎用品の原材料名は、「生乳、乳製品」。

Dsc06679

一方の生乳100%の方は、当然「生乳」だけ。

やっぱり生乳100%の方がいいし、実際に食べてもこちらの方が美味しい。

そこで、「ヨーグルトメーカー」を購入し、自宅で作ることにした。

Dsc06677_3

この中に牛乳パックがそのまま入るというのがミソ・・・製品のヨーグルトをスプーン2、3杯加えてしっかり振って、中に入れるだけ。

Dsc06682_2

そのまま5時間から8時間放置すればヨーグルトの出来上がり。

後片付けが要らないというのが有難い・・・ジューサーやミキサーのように、いちいち分解して洗うという手間は一切ない。

Dsc06683

市販の「生乳100%」のヨーグルトと見た目も味も変わらない。

400thumb826x827900

種菌は数回に一度入れ替えた方がいいということもあって、いろいろ試すのも楽しい。

このヨーグルトメーカー、基本的に保温機能だけだから、電気代もほとんど掛からないし、3000円程度で売っている。結構イケますよ(#^^#)

坂本 洋

|

« 収穫の秋 分配に苦慮 | トップページ | 雨の合間にカメラ散歩 クローズアップの魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64297360

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーグルトメーカーって結構使える:

« 収穫の秋 分配に苦慮 | トップページ | 雨の合間にカメラ散歩 クローズアップの魅力 »