« 白峰三山マイナス1 登山二日目 | トップページ | 伊丹市荒牧バラ公園が見ごろ »

2016年10月19日 (水)

北岳・間ノ岳登山 三日目

Dsc07355_2

山小屋二泊して、“北岳”と“間ノ岳”に登った今回の登山、「白峰三山マイナス1」だったけど、まぁこんなもの(^^;) 三日目の朝も晴れて日の出を見ることができた。

Dsc07327

朝焼けの中にでーーーんとそびえる富士山・・・日本第二の高峰からの眺めは格別だ(#^^#)

Dsc07362

テント泊の人たちも起きてきて、みなさん朝の光に包まれながらカメラを向けていた。

Dsc07376

さて、いよいよ下山。足は疲れがたまっているが、登りに比べれば遥かに楽だ。

Dsc07388

下山ルートは北岳の中腹を縫うように設けられた細い道。足の下には千尋の谷が広がっている(>_<)

Dsc07389

冒険ものの映画で、ものすごい断崖絶壁の中腹を行く・・・そんな気分(^-^;

Dsc07396

「落石と滑落に注意」って、まあ、こんなところで岩が落ちてくれば逃げようがないけどね・・・。

Dsc07397

北岳の南面は巨大な岩盤になっている。“北岳バットレス”というそうで、ロッククライミングの強者どもがアタックするそうだ。

Dsc07424

“八本歯のコル(鞍部)”という峠で沢に入るが、崩れた岩がごろごろ転がるコース・・・目印の赤いペンキを見失わないように、足を踏み外さないように慎重に下る。

Dsc07425

森林限界まで下ると、ダケカンバが茂る斜面が現れたが、まだまだ延々と下山ルートは続く。

Dsc07428

Dsc07429

青空にダケカンバが映える。

Dsc07437

凍ってツララが下がっていた上流の細い流れも、次第に太くなり、ごうごうと音を立てて流れ落ちる。

Dsc07445

4時間余りほとんど直線的に下って、ようやく下界に戻ってきた。

稙層はウラジロモミやモミジの仲間に変わり、いかにも「信州の高原」いう雰囲気・・・山ぶどうの葉が紅葉していた。

Dsc07460

標高差1500m、距離6km・・・登りに比べれば遥かに楽だが、足元を気にしての下りは危険と背中合わせ、登山用ポールが役に立った。

何とか無事下山し、麓の温泉で緊張と疲れをお湯に溶かしてホッと一息。大阪まで車で400km帰らないといけないから、ビールが飲めないのが悲しいネ(>_<)

三日間とも快晴・微風・・・穏やかな山日和に恵まれて非常にラッキー。日ごろの行いは天気には関係なさそうだ( ̄▽ ̄)

坂本 洋

|

« 白峰三山マイナス1 登山二日目 | トップページ | 伊丹市荒牧バラ公園が見ごろ »

コメント

ビールなしというのも大きな苦行ですね。お疲れさまでした。

投稿: 山田隆志 | 2016年10月19日 (水) 08時46分

近くの山はだいたい登って・・・アルプスまでいくと、金も時間も嵩んでね〜(^_^;) 車だけに飲めないのが悲しいです😢

投稿: 坂本 洋 | 2016年10月19日 (水) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64368968

この記事へのトラックバック一覧です: 北岳・間ノ岳登山 三日目:

« 白峰三山マイナス1 登山二日目 | トップページ | 伊丹市荒牧バラ公園が見ごろ »