« 南アルプスの北岳へ | トップページ | 白峰三山マイナス1 登山二日目 »

2016年10月17日 (月)

富士山に次ぐ第二の高峰“北岳”登山一日目

Dsc06988_2

南アルプスにそびえる3000m級の北岳・間ノ岳(あいのだけ)・農鳥岳を称して“白峰三山(しらねさんざん)というそうで、二泊三日で登りに出かけた。(写真はクリックで拡大)

中央道の韮崎ICから芦安温泉郷へ入り、登山バスで南アルプス林道を一時間、一気に標高1500mまで登った所が広河原登山口。

Dsc06995

ようやく秋空が戻った週末、紅葉が始まったばかりの麓から尾根道を登り始める。

Dsc07003_2

汗ばむほどの陽気。遥かに白峰三山の頂を仰ぎつつ、針葉樹と広葉樹の混じった美しい景色の中を歩く・・・このころはまだ余裕だったが・・・

Dsc07004_2

次第に傾斜が急になり、重い荷物を担ぐ足は進まない。小学二年生に追い抜かれてしまった(^^;)

Dsc07013_2

ようやく中腹にある白峰御池小屋へたどり着き休憩。別荘のようなお洒落な建物だ。

Dsc07018_2

テント泊の若い女性たちが元気に挨拶してくれた。若さが眩しいね~(^-^;

Dsc07020_2

目指す北岳は遥か頭上。

Dsc07031_2

葉を落としたダケカンバが斜めに並ぶ・・・雪の重みで曲がっているのだ。

Dsc07038_2

東に鳳凰三山が見えるガレ道、ここからが更に急な登りになり、空気が薄いせいかすぐに息が切れる(>_<)

Dsc07074_2

ようやく登りつめると稜線に出て、一気に視界が開けアルプスの眺望が迎えてくれる。

Dsc07076_2

目の前には、7月に登った仙丈ケ岳がでーーーんとそびえている。

Dsc07083_2

Dsc07088_2

森林限界を超えてゴロゴロの岩が転がる登山道、疲れ切った足は遅々として進まず、疲労もピークに・・・

Dsc07089_2

そんな時、いきなり目の前に現れたあの山・・・遥か雲間からにょきっと頭をだしているのは富士山だ! いやーーー疲れも忘れてしばし見入ってしまった。

Dsc07091_2

へろへろになってたどり着いたのが、一日目の宿となる“北岳肩の小屋”・・・文字通り北岳の肩にあるが、ここの標高は3000m。

Dsc07093_2

さすがに朝晩は冷え、昨日はマイナス4℃だったそうで、ストーブがありがたい。

Dsc07102_2

わずか5km余りの道だが、その間の標高差1500m・・・ほとんど真っ直ぐに続く急坂はキツイ。今までで最も厳しいコースだった(>_<)

Dsc07133_2

山小屋で仮眠させてもらい、3000mのパノラマ眺望からの夕日を堪能。

Dsc07155_2

暮れ行く富士山を眺めながら、焼酎のお湯割りを飲んで一日目は終わり。翌日は北岳だ!

坂本 洋

 

|

« 南アルプスの北岳へ | トップページ | 白峰三山マイナス1 登山二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64359779

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山に次ぐ第二の高峰“北岳”登山一日目:

« 南アルプスの北岳へ | トップページ | 白峰三山マイナス1 登山二日目 »