« 世間が忘れても、参加者が減っても声を上げ続ける人々 | トップページ | 能勢の里山でつるを採取 »

2016年11月21日 (月)

六甲紅葉散歩 森林植物園にカメラの砲列

Dsc09510_2

神戸マラソン交通規制の駅前から有馬街道を北へ。期待した二本松林道はまだ緑のまま。森林植物園に着くと落葉近し・・・残った紅葉を取り囲むカメラの砲列・・・いやぁ~アマチュアカメラマンは満開だ( ̄▽ ̄)

Dsc09514

Dsc09515

曇り空ながら、時折日差しも覗く穏やかな日曜日、二本松林道のモミジは空振りで再度公園へ。ちょうど見ごろとなった紅葉目当てに、ファミリーやカップルでにぎわっていた。

Dsc09520

外人墓地手前から登山道に入ると、それぞれの秋色に染まった雑木林。野鳥の鳴き声がやかましいほど。

Dsc09526

森林公園の紅葉は既に落葉近し・・・メタセコイアの巨木が風に葉を落とす。

Dsc09530

ところどころ残る紅葉を探しながら池の周りをうろうろ・・・

Dsc09533

枝ぶりのいいウリハダカエデの下には、折りたたみいす持参のカップル・・・次々とカメラを向けるおじさんたちにも動ぜず、二人の世界を守っていた(#^^#)

Dsc09538

Dsc09543

Dsc09549

森林植物園の魅力は多種多様な紅葉が楽しめること・・・名前も覚えられるしね。

Dsc09557

少し歩くと見事な紅葉が残っていた。

Dsc09564

広いので観光地のような雑踏のストレスもない。

Dsc09566

Dsc09574

Dsc09581

のんびりとカメラ散歩を楽しんだ。

Dsc09582

鮮やかな紅葉の前に群がる人々・・・近寄ると、三脚に巨大なズームレンズを付けたアマチュア写真家たち。野鳥? いや、「作品」作りに取り組んでいるようだ(^-^;

Dsc09589

Dsc09600

恐らく何十万、何百万もする機材なんだろうけど、そんなのを揃えたら出かけないと意味がない。個人消費を増やして健康に・・・高齢者の趣味としては結構なことだ。

“誇り高き貧乏人”には、とても真似はできないけどね(^^;)

Dsc09604

坂本 洋

|

« 世間が忘れても、参加者が減っても声を上げ続ける人々 | トップページ | 能勢の里山でつるを採取 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64522267

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲紅葉散歩 森林植物園にカメラの砲列:

« 世間が忘れても、参加者が減っても声を上げ続ける人々 | トップページ | 能勢の里山でつるを採取 »