« エスペーロ能勢に大甕をプレゼント | トップページ | ルミナリエの写真をDVDフォトムービーに »

2016年12月 6日 (火)

鎮魂と希望の象徴“神戸ルミナリエ”へ

Dsc00392_2

阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催された神戸ルミナリエ・・・今年、2016年で22回目を迎えた。

Dsc00403

師走とは思えない暖かな12月5日、仕事帰りに神戸へ。

Dsc00405

若いカップルが多いのだが、ファミリーやグループで行列に並ぶ人たちに混じって、孫をつれた高齢者も目立つ。韓国・中国からの観光客もカメラをぶら下げて・・・異国語があちこちで飛び交う。

Dsc00407

「立ち止まらないでください!」とのマイク・・・無理! みなさん、ここで写真を撮るために来ているんだから( ̄▽ ̄)

Dsc00412

「はーい 前が止まった今がシャッターチャンス!」・・・“DJポリス”気取りのおじさんが受けていた(^^;)

Dsc00417

“光の回廊”は少し距離が短くなった・・・協賛金が集まらないとのこと。

Dsc00427

Dsc00430

回廊を抜けると少し混雑も緩和され、ゆっくり写真を撮ることができる。

Dsc00453

「来年以降も開催できるよう『¥100募金』をお願いします」・・・ボランティアが持つ箱にも仕掛けが凝らされている。

Dsc00478

東遊園地に向かう回廊を振り返ると、ものすごい人たち・・・「道路が人で埋まる」という光景を見ると血が騒ぐなぁ~(#^^#)

Dsc00481

Dsc00500

光の城壁で囲まれた広場の中・・・みなさん思わずウワーーと溜息。

荘厳なレクイエムが流れる中で別世界に浸る。

Dsc00502

Dsc00505

Dsc00516

「1.17希望の光」の前では静かに手を合わせる人々・・・。

Dsc00528

Dsc00539

Dsc00544

規模が縮小しても、派手な演出がなくても、暗闇に輝く鎮魂と希望の「光の芸術」は続けて欲しいものだ。

震えながらホットワインを流し込む例年と異なり、暑すぎるほどの陽気・・・有難いけれど、イマイチ雰囲気がねぇ~(^^;)

DVDに焼いて、高齢者のみなさんにも見ていただこうと思います。Sさんよろしくね(#^^#)

坂本 洋

|

« エスペーロ能勢に大甕をプレゼント | トップページ | ルミナリエの写真をDVDフォトムービーに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64588594

この記事へのトラックバック一覧です: 鎮魂と希望の象徴“神戸ルミナリエ”へ:

« エスペーロ能勢に大甕をプレゼント | トップページ | ルミナリエの写真をDVDフォトムービーに »