« 妙見山に登って、エスペーロ能勢でランチ | トップページ | 「カメラ少女」誕生か? »

2017年1月29日 (日)

高見山 天気が良すぎて霧氷が・・・(>_<)

Dsc03716

鋭く尖った山容から、「関西のマッターフォルン」と称される高見山・・・厳寒期に花咲く霧氷を見ようと、多くのハイカーが訪れる。

快晴・微風・・・登山には願ってもないいい天気だが、霧氷には?

Dsc03555_2

朝8時半に着いたら、麓のたかすみ温泉の駐車場は既に満車・・・最後のスペースにやっと止めて昇り始める。

Dsc03588

杉の植林帯を抜け、明るい広葉樹林に入ると辺りは雪景色。しかし霧氷は見られない。

Dsc03596

さらに急坂を登るとようやくキラキラと輝く霧氷が見えてきた。

Dsc03601

紀伊半島の山並みが連なるが、積雪は少ないのが分かる。

Dsc03605

日差しは強く、時間とともに霧氷がやせ細っていく。

焦りながら、自然のオブジェをカメラに捉えようと、夢中でシャッターを押す。

Dsc03609

凍り付いた枝先には、ブナの赤い新芽が春を待っている。いやぁ~寒いだろうにね(>_<)

Dsc03611

Dsc03620

青空に輝く霧氷・・・出かけないと出会えない景色に思わず見とれてしまう(#^^#)

Dsc03626

Dsc03628

標高が1000mを超えるころから風が強くなり、上り坂でかいた汗を急激に冷やす・・・指先が凍えて動かなくなる。

Dsc03632

Dsc03633

昨年は吹雪で吹き飛ばされそうになったのを思い出すが、冷たい北風が吹き抜けることによりできる芸術なのだ。

Dsc03640

Dsc03642

人気の山で土曜日とあって、山頂付近は大混雑。

Dsc03650

ここが標高1248m、高見山の頂上・・・360度の眺望が見事だ。

Dsc03653

Dsc03662

Dsc03671

みなさん寒さに震えながらこの絶景に見とれている。

Dsc03684

何とか霧氷を拝めたが、氷の芸術の命ははかない・・・強い日差しを浴びて直ぐに融けてしまう。

昼過ぎに下山に掛かったが、続々と登って来るハイカー・・・絶景が残っているかな?

坂本 洋

|

« 妙見山に登って、エスペーロ能勢でランチ | トップページ | 「カメラ少女」誕生か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64822736

この記事へのトラックバック一覧です: 高見山 天気が良すぎて霧氷が・・・(>_<):

« 妙見山に登って、エスペーロ能勢でランチ | トップページ | 「カメラ少女」誕生か? »