« 大震災から22年・・・忘れないといいつつ風化する記憶 | トップページ | 山岳遭難発見の救世主になるか・・・ヒトココ »

2017年1月18日 (水)

オシドリがどんぐりをくわえてる!

Dsc02604_2

寒い時期の楽しみに、樹氷とともに水鳥の観察がある。豊中市の千里中央公園には、この時期オシドリがやってくる。

送迎の中抜け時間に行ってみると・・・やぁ! いたいた、派手な色のオシドリが(#^^#)

Dsc02605

口にくわえているのはどんぐり・・・カモの仲間の水鳥だが、木の実を好んで食べるという。

Dsc02595

常連らしきお爺さんによると、「今年はずいぶん少ない」と。数年前は20羽くらい来ていたそうだが、今シーズンは数羽しか見かけないと残念がっていた。

Dsc02607

美しい派手な色をしたのが雄で、地味なのが雌・・・撮ってきた写真を見せると、「人間と反対なんですね」と、介護職のお姉さん。

「最近の若い男の子はそうでもないんとちゃうの?」とつっ込むと、「そういえば・・・」と笑っていた。

Dsc02617

遺伝子の継承が目的の全ての生き物にとって、母性保護は最優先。天敵から守るため雌はほとんど地味な姿をしている。雄は雌の気を引こうと、派手に着飾ってライバルと張り合う・・・けなげというか・・・( ̄▽ ̄)

Fa9a3a5c1faffc0e27646d9bfb96a489

野鳥は動きが速いので初心者にはなかなか難しいが、水鳥はおススメ。お近くの方、いかがですか!

坂本 洋

|

« 大震災から22年・・・忘れないといいつつ風化する記憶 | トップページ | 山岳遭難発見の救世主になるか・・・ヒトココ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64777412

この記事へのトラックバック一覧です: オシドリがどんぐりをくわえてる!:

« 大震災から22年・・・忘れないといいつつ風化する記憶 | トップページ | 山岳遭難発見の救世主になるか・・・ヒトココ »