« プランターの菜の花につぼみが | トップページ | 「トランプ帝国」誕生で世界はどうなるのか? »

2017年1月11日 (水)

カイツブリのヒナは母さんの背中が揺りかご

Dsc02333

山登りで忙しく、実に久しぶりのバードウオッチング。服部緑地の池は、渡ってきた水鳥がずいぶん増えて賑やかになってきた。

Dsc02310

早速カワセミを発見!

Dsc02307

孤独なハンターは、木陰から獲物を狙って大きな鋭い目を光らせている。

縄張りを守るカワセミ・・・一度見つければ結構お目にかかるチャンスは多い・・・というより、ミサイルのような巨大ズームレンズが並んでいるところがカワセミのいる場所なんだけどネ( ̄▽ ̄)

Dsc02301

カワウがのんびり日向ぼっこ。

Dsc02347

水に潜って小魚を採るカワウ・・・浮力が付かないように羽根に油を付けないので、時々広げて乾かす必要があるそうだ。

Dsc02336_2

やぁ!カイツブリの親子だ。

母さんの背中に、可愛いヒナが乗っかって首を出している。

Dsc02340

枯草を集めた巣の上で、羽毛に包まって暖かそう。時折父さんがエサを運んでくる。

背中に乗っけたまま水面を泳ぐ姿も見られるそうだ(#^^#)

Dsc02361

浅瀬には大きなアオサギ。こちらも獲物を狙って彫像のように突っ立っている。

Dsc02366

ずんぐりむっくりのゴイサギ。ペンギンが逃げ出していると通報されることも・・・(^^;)

Dsc02373

くるっと巻いた風切り羽根が特徴のヨシガモ・・・緑と褐色の頭部は見る角度で色が変わる美しい水鳥だ。

Dsc02328

雑木林に移動して、頭上を見上げれば、エナガが群れで僅かに残った木の実をついばんでいる。

Dsc02351

こちらはアメリカ楓の実をつつくアトリ。冬鳥として全国に渡来し、山地の林に群れで棲むという。

ポカポカ陽気の中、二時間ほどカメラを持って公園内をうろうろ。野鳥は身近なところに居るんだけど、見ようと思わないとスズメやカラスしか見えないんだよねぇ~(^^;)

服部緑地でのバードウオッチングを二つご紹介

日本野鳥の会探鳥会

日時:1月14日(毎月第二土曜日) 午前9時 緑地公園駅西口(改札を出た広場前)集合 12時解散
参加費:200円(保険代金・資料代)
※初心者にはスタッフが親切に解説し、望遠鏡でいろんな野鳥を見せてくれる。

美しい水鳥を見よう

日時:1月22日(日) 午前10時 緑地公園レストハウス(時計塔前)集合 12時解散
参加費:200円(保険・資料代)

いずれも申し込み不要。お近くの方いかがですか!

坂本 洋

|

« プランターの菜の花につぼみが | トップページ | 「トランプ帝国」誕生で世界はどうなるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64748731

この記事へのトラックバック一覧です: カイツブリのヒナは母さんの背中が揺りかご:

« プランターの菜の花につぼみが | トップページ | 「トランプ帝国」誕生で世界はどうなるのか? »