« カイツブリのヒナは母さんの背中が揺りかご | トップページ | “野鳥食堂” 期間限定でオープン! »

2017年1月12日 (木)

「トランプ帝国」誕生で世界はどうなるのか?

Economisttrump_2

20日の就任式を前に、事実上スタートしたかのような「トランプ大統領」は、自らのTwitterでフォードやGMなどグローバル企業のメキシコ工場進出を攻撃、トヨタも槍玉に挙がった。

「アメリカ・ファースト」(アメリカ第一主義)を掲げ、民間企業の経営戦略を無視して強引に変えさせるなど、自由主義経済ではあり得ないような言動がまかり通り、世界企業も軒並み白旗だ・・・。

時の勢いには、さすがのグローバル企業も対抗できずひとまず軍門に下るしかないようだが、このまま企業活動の制約を受け続けるとは到底思えない。

世界最適調達で、ヒトモノカネさらには情報の自由な移動によって、株主利益の最大化を図るのがグローバル企業の世界戦略。その前に壁を造るというトランプ・・・超富裕層同志の闘いが、99%にどう跳ね返ってくるのか・・・。

グローバル企業の隆盛は、富の極端な偏在化しか生まなかった。トリクルダウンは結局起きず、豊かな人がさらに富み、格差と貧困の連鎖が広がってしまった。

強引に壁を造って、アメリカ国内に移民は入れず、企業は出さない・・・こんなことが長く続くはずはない。グローバル企業はとっくにトランプ取り込みに掛かっていることだろう。

Photo

グローバル企業にもトランプにも99%の民衆の未来はない。ポピュリズムに喝采を送っていては、いずれ戦争か世界恐慌がオチだろう。

第三の道として、アメリカにはバーニ・サンダースを生み出した民衆の草の根ネットワークが生まれている。

日本は? 

安倍首相が、「経団連に賃上げをお願いする」というグロテスクなパフォーマンスで、「安倍さんもがんばってる」って? 富の偏在を逆流させるには、富裕税や累進課税の強化しかないと思うが・・・それでもまだ「他の内閣より良さそう」って(>_<)

坂本 洋

 

|

« カイツブリのヒナは母さんの背中が揺りかご | トップページ | “野鳥食堂” 期間限定でオープン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64752767

この記事へのトラックバック一覧です: 「トランプ帝国」誕生で世界はどうなるのか?:

« カイツブリのヒナは母さんの背中が揺りかご | トップページ | “野鳥食堂” 期間限定でオープン! »