« 真冬の探鳥会でアオバトを発見! | トップページ | トラックに子どもの絵・・・ちょっといい話 »

2017年1月24日 (火)

「核のボタンを持った押し売り」が世界中を荒らしまくる時代へ・・・

_93719911_mediaitem93719910_2

「アメリカ第一主義」を掲げたトランプ大統領の誕生で、世界はいったいどうなるのだろう?

選挙戦が終われば、常識的な政策に変わらざるをえない・・・との大方の見方を覆し、早速オバマケアの廃止や北米自由貿易協定の見直し、TPPからの脱退と、矢継ぎ早に「公約」の実行を指示。

2017012300154974shikiho0001view_2

TPPの発効にかすかな期待を抱いていた安倍政権は、冷水を浴びせられた格好だ。

546787_615

就任式の次の日には、全米で世界中で「反トランプ」を訴える女性たちのデモが行われ、かっての公民権運動を上回る巨大なうねりを作り出した・・・これがアメリカの底力だ。

就任演説に盛り込まれた内容は、アメリカにかっての力を取り戻す。そのために既存の支配層から人々の手に政治を取り戻す・・・いやぁ~誠に結構な内容だが、そのトランプ政権は超富裕層のお友だちで構成されている。

1%に属する超富裕層の人々が、没落中間層や貧しい人々のための政治をするということ? 啓蒙専制君主のように、民衆に善政を施す・・・というつもりなのか?

既存のエスタブリッシュとの関係は? 自由貿易で国境をまたいで世界中から富を稼ぐグローバル企業との利害は? いったいどういう展開になるのか全く予測がつかない・・・。

基本的に商売人だから、「大きく吹っかけて、相手から妥協を引き出す」という戦略になることだろうが、世界中がチキンレースに晒されることになるのだろう。相手は世界最強の軍隊を持つ超大国・・・「ジャイアン帝国」だからねぇ~(>_<)

トランプがジャイアンなら、スネ夫は?

もちろん決まってるよね( ̄▽ ̄)

「核のボタンを持った押し売り」が世界を荒らしまわり、そのおこぼれを狙って意地汚なくどこまでもついていく・・・これが彼の目指す美しい国だ(>_<)

実にいやーーーな時代になってしまったものだが、世界中の女性たちに励まされ、脱・安倍政権で明るい未来を切り開くことしかないよなぁ~(>_<)

坂本 洋

|

« 真冬の探鳥会でアオバトを発見! | トップページ | トラックに子どもの絵・・・ちょっといい話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64802514

この記事へのトラックバック一覧です: 「核のボタンを持った押し売り」が世界中を荒らしまくる時代へ・・・:

« 真冬の探鳥会でアオバトを発見! | トップページ | トラックに子どもの絵・・・ちょっといい話 »