« “菜の花プロジェクトみのお”の新年会で古民家カフェを先取り | トップページ | プランターの菜の花につぼみが »

2017年1月 9日 (月)

「介護離職」した市会議員のご苦労さん会に参加

Dsc02174_2

友人で、前箕面市議の北川照子さんのご苦労さん会に参加。「先生」ではなく普通の市民感覚で、主に福祉と環境問題の現場の声を議会に届けてきた照子さん、3期12年の奮闘をねぎらうとともに、引退を惜しむ声が相次いだ。

Dsc02170

会費制の慰労会、選挙をともに担い、日ごろの議員活動を支えてきた友人からの贈り物は? 何と自転車のサドルカバー!

坂の多い箕面市、どこに行くにも車を使わず電動アシスト自転車にこだわった結果、愛車のサドルは穴が開いてしまったと・・・そんな彼女にふさわしい贈り物だよね(#^^#)

Dsc02186

後援会長のFさんは、介護事業所の「社長」さん。乾杯の後、「すみません、利用者さんが待っていますので」と飛んで行ってしまった。お人好しが偲ばれるとともに、介護業界の深刻な人手不足が浮き彫りになった一コマだ。

常に上位当選を重ねてきた照子さん、まだまだ議員活動を続けて欲しいところだが、母親の介護のため惜しまれながらの「介護離職」だ。

北川照子さんの持ち味は、「普通の話し言葉で演説ができる」こと・・・簡単なようでこれが難しい。駅前やスーパー、はたまた団地で選挙カーを止めての演説。きれいごとを並べ立てる多くの候補者の訴えは騒音に変わるが、平易なコトバで具体例や数字を示す照子さんは、人々の足を止める力を持っている。

男性中心の議会、どや顔の古参議員のヤジを「静かにしてください」と一喝し、しっかりと質問を続ける度胸・・・いやぁ~痛快だ(#^^#)

引退は残念だが、隠居するわけではない。早速チェルノブイリに福島に飛び、放射能汚染地域の実態をレポート・・・現場主義は健在だ。

足元では農業公社のボランティアに応募して、今やトラクターの運転までこなせるようになったって・・・今度はアグリガールだ( ̄▽ ̄)

介護で人と人をつなぎ、農業でリタイヤ世代の受け皿をつくろうと・・・地に足を付けた活動はますます進化している。大阪のおばちゃんパワーを象徴するような北川照子さん、益々のご活躍をm(__)m

坂本 洋

|

« “菜の花プロジェクトみのお”の新年会で古民家カフェを先取り | トップページ | プランターの菜の花につぼみが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64739671

この記事へのトラックバック一覧です: 「介護離職」した市会議員のご苦労さん会に参加:

« “菜の花プロジェクトみのお”の新年会で古民家カフェを先取り | トップページ | プランターの菜の花につぼみが »