« カメラ少女さんへ | トップページ | 線上のモデルさんをバシャ! »

2017年2月16日 (木)

毎月15日は京都知恩寺の‟手づくり市”

Dsc04771_2

毎月21日に開かれる京都東寺の‟弘法市”は、骨董品など業者の出店が並ぶのに対し、‟手づくり市”はアクセサリーやバッグなど手づくりの小物が中心。出店者もお客も若い世代が多く、華やいだ雰囲気だ。

Dsc04786_2

昨日、仕事の中抜け時間に久しぶりに訪れたが、寒さの中でもたいそうな賑わい。

Dsc04783

外国人のパン屋さん・・・石窯で焼いた大きな岩のように固そうなパン、宝石箱のような可愛いケーキ・・・飛ぶように売れていた。

Dsc04784

精巧に作られたミニチュア家具を見つめる多国籍の人々・・・外国の市のようだね(#^^#)

Dsc04792

Dsc04800

手づくりのアクセサリーが、日差しを受けてキラキラ光ってる。

Dsc04808

満開のロウバイはお店に負けずに注目を集めていた。

Dsc04811

カメラ女子も着物姿というところが京都らしいね(#^^#)

Dsc04795

「今日は大サービス。一口食べてみて!」ちりめん山椒は京都の名物だ。

Dsc04817

Dsc04821

木の枝を使った色鉛筆・・・私も作ってバザーに出していたなぁ~(#^^#)

Dsc04823

ミモザが黄色い花をつける季節、毎年3月8日は国際女性デー(International Women’s Day)。

イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれ、男性が日ごろの感謝の気持ちを込めて、妻や恋人、身近の女性などにミモザの花を贈る習慣があるようだ。女性たちは家事や育児から解放され、夜遅くまで女友達との食事やおしゃべりを楽しむ日となっているという。日本でも、「ミモザの日」は静かに広がっている。

Dsc04831

職人さんが、目の前で仕事を見せてくれるというのもいいね(#^^#)

Dsc04825

Dsc04834

Dsc04830

Dsc04838

Dsc04843

梅村マルティナさんのメリヤス編み・・・気仙沼に移り住んで、復興を後押しされているそうだ。

京都に米軍基地があるのをご存じですか?」というチラシが配られ、多国籍の人々が触れ合う・・・京都ならではだよなぁ~。

坂本 洋

|

« カメラ少女さんへ | トップページ | 線上のモデルさんをバシャ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64899427

この記事へのトラックバック一覧です: 毎月15日は京都知恩寺の‟手づくり市”:

« カメラ少女さんへ | トップページ | 線上のモデルさんをバシャ! »