« 辺野古埋め立て工事再開・・・10日に間に合わせたいわけか(>_<) | トップページ | 今年は梅の開花が早いなぁ~(*_*) »

2017年2月 8日 (水)

SNSとテレビをやめれば「年間1000冊」の本が読める?

Pexelsphoto141362_2

最近めっきり本を読まなくなった。気が付けばスマホをいじっている・・・もはや立派なスマホ依存症だ(>_<)

テレビはほとんど見ないのだが、スマホに時間を取られ、その結果本を読む時間が減ってしまった。新聞だけはまだ読んでいるのがせめてもの救いか・・・。

以下引用(http://beinspiredglobal.com/thousand-books-a-year)

アメリカでは1人当たり、年間に平均608時間SNSの利用し、平均1642時間テレビを視聴しており、合計で2250時間(約94日間)もスクリーンを通した情報収集や娯楽に時間を費やしていることになる。なんと、これらの時間をすべて読書に当てれば、年間で1000冊以上のノンフィクション本が読めるのだ。(参照元:Quartz

日本でも、SNSに431時間(参照元:平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査)、テレビに1345時間を(参照元:平成26年度版 情報通信白書)、1人当たり合計で1776時間(約74日間)が同様に消費されている。

現代人が読書をする時間は、携帯電話やスマートフォンの普及に伴い減少している。大学生においては、読書を全くしないという人の割合が全体の半分近くの45%にのぼる。(参照元:全国大学生共同組合連合会)これはインターネットで情報を得るほうが手軽だからかもしれない。

だが「読書」は、私たちの生産活動に大変役に立つ。東京大学大学院の酒井邦嘉教授は、脳科学的に見ると読書では「人間が持っている創造的な能力がフルに生かされる」(引用元:NHKクローズアップ現代+)と述べている。自分で情報を判断しながら本を読むことで知識が得られ、クリエイティブな思考力を身につけられるのだ。

本を読むという行為は決して情報を得たいというためにやるわけではなくて、むしろ『自分の中からどの位引き出せるか』という営みなのです(引用元:NHKクローズアップ現代+

(引用終わり)って・・・これもスマホからの情報だ(^^;)

タバコは子どもが生まれた時に止めたが、酒はいまだに止められない。依存症というのはやっかいなもので、完治は難しい。せめて休肝日を・・・と思うが、それも最近はできていない(>_<) スマホを触らない日も必要だよなぁ~( ̄▽ ̄)

坂本 洋

|

« 辺野古埋め立て工事再開・・・10日に間に合わせたいわけか(>_<) | トップページ | 今年は梅の開花が早いなぁ~(*_*) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64865919

この記事へのトラックバック一覧です: SNSとテレビをやめれば「年間1000冊」の本が読める?:

« 辺野古埋め立て工事再開・・・10日に間に合わせたいわけか(>_<) | トップページ | 今年は梅の開花が早いなぁ~(*_*) »