« 窮鼠猫を咬む・・・籠池劇場で自爆テロ? | トップページ | ゆるふわに包まれた六甲山牧場 »

2017年3月25日 (土)

小さな図書館が4周年

Dsc07107_2

家の前に置いた、小鳥の巣箱のような「小さな図書館」が4年目を迎えた。

昨日は、ペンキを塗り替え、扉を修理して、「蔵書」も全面的に入れ替え・・・春休み中の子どもたちが利用してくれると嬉しいね(#^^#)

136351459761213212370

かってネットを見ていて、「小さな図書館」がアメリカで静かな流行になっていることを知った。

誰もが自由に利用でき、もちろん無料。借りるだけでなく、図書の提供もある・・・これは素晴らしいと、早速私も真似をして自宅の門前で始めることにした。

果たして利用してくれる子どもが居るかな? との心配は杞憂に終わり、以来4年が経つが、それなりに楽しまれているようでとても嬉しい(#^^#)

「蔵書」の入れ替えが必要だが、図書館で廃棄される本をリサイクルするNPO法人「しょうないREK」に行けば、一冊20円~50円という破格の値段で手に入れることができる。「仕入れ」て「新着図書」にするのも楽しみだ。

時折、本の提供もあるのだが・・・文字通り「小さな図書館」なので、絵本・児童書に限らせていただいている。

日本でも少しずつ広まっているよう・・・あなたもいかがですか!

そういえば、古民家カフェ“エスペーロ能勢”には、屋根裏部屋に「小さな図書館」がある。らせん階段を登って、「本の世界へ冒険旅行」はいかがかな(#^^#)

坂本 洋

|

« 窮鼠猫を咬む・・・籠池劇場で自爆テロ? | トップページ | ゆるふわに包まれた六甲山牧場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65062508

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな図書館が4周年:

« 窮鼠猫を咬む・・・籠池劇場で自爆テロ? | トップページ | ゆるふわに包まれた六甲山牧場 »