« 瑞穂の國小學院問題の本質は? | トップページ | 風邪が治らない中、集会でライブ中継・・・ »

2017年3月18日 (土)

京都府最高峰の皆子山・・・「想定外」の深雪で途中撤退(>_<)

Dsc06890_2

金曜山登りで、京都府最高峰の皆子山(みなこやま)へ。標高972mの低山、季節も進みお彼岸入り・・・雪もたいしたことないだろうと出かけた。

湖西道路を北に折れ、途中から朽木への国道367号線、花折れ峠近くが登山口。

Dsc06892

お寺の境内はものすごい雪で覆われている・・・少し不安になるが、とにかく登り始める。

Dsc06894

北山杉の植林帯の急坂、直ぐにアイゼンを付けないと滑って進めない。

Dsc06895

微かに残るトレース(踏み跡)を頼りに登るが、時々踏み抜いて太ももまではまり込んでしまう。

Dsc06897

ようやく広葉樹の尾根道に出るが、晴天予報だったのに細かい雪が降って来た。

Dsc06899

積雪は深く、アイゼンを付けてものめりこんでしまう。その都度足を引き抜くのに労力を要し消耗・・・わかん(輪カンジキ)を持ってこなかったことを後悔する。

Dsc06901

雄大な尾根道歩き・・・蓬莱山や武奈ヶ岳など、比良山系の景観を楽しむつもりだったが到底無理。行程の半分くらいで諦めて引き返すことにした。

Dsc06903

後から登って来た若者二人・・・見るとアイゼンどころか登山靴ですらなくスニーカー(*_*) 大丈夫かいな?と心配になるが、「気を付けて!」と。

Dsc06904

下山して麓の寺・・・よく見ると軒まで埋まっていた。

傍にスポーツ自転車が二台。若者たちはサイクリングの途中に皆子山へ登ったのだ。無事下山していることを祈る。

坂本 洋

|

« 瑞穂の國小學院問題の本質は? | トップページ | 風邪が治らない中、集会でライブ中継・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65029406

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府最高峰の皆子山・・・「想定外」の深雪で途中撤退(>_<):

« 瑞穂の國小學院問題の本質は? | トップページ | 風邪が治らない中、集会でライブ中継・・・ »