« ゆるふわに包まれた六甲山牧場 | トップページ | 崩れゆく「国権の最高機関」 »

2017年3月27日 (月)

稀勢の里 まさかまさかの逆転優勝

20170326_2

大相撲春場所千秋楽、本割で照ノ富士を破った稀勢の里が、優勝決定戦でも乾坤一擲の小手投げで下し逆転優勝・・・いやぁ~凄かった(*_*)

横綱として臨んだ今場所、順調に白星を積み重ねて12日目まで全勝でトップを走ってきた。しかし、13日目、日馬富士に素早い動きで一気に寄り切られ初黒星。その際、土俵下に倒れて左肩を痛打し、しばらく起き上がってこれなかった。

翌14日目、鶴竜との対戦は、左肩をテープでグルグルに巻いた痛々しい姿・・・全く力を出せず寄り切られて二敗目。

この時点で照ノ富士に先行されてしまい、優勝するには千秋楽に二番続けて勝たなければならない・・・どう考えてもそれは無理(>_<) 今後のことを考えると、休場も・・・。

しかし、勝負は分からないもの。本割では、苦しい態勢ながら土俵際で突き落としで勝ち、13勝2敗で優勝決定戦へ。

最後の勝負・・・腰高で照ノ富士に一方的に追い込まれた土俵際、誰もが勝負あったと思った寸前、右からの小手投げで照ノ富士を土俵に叩きつけ、見事逆転優勝となった。

得意の左が使えない稀勢の里にとって、これしかないという小手投げ・・・よーーく考えられた必殺の技だった。照ノ富士もよほど膝が悪いのだろう、二番とも足がついて行かなかった。

九分九厘手中にした賜杯を逃してしまった照ノ富士、その心中はいかばかりかと・・・前日、大関復帰を掛けて挑んだ琴奨菊との取り組み、立ち合いの変化で大ブーイングを浴びてしまったが、すっかり悪役にされてしまった。素晴らしい素質の持ち主だけに、今回の屈辱を糧に、膝を直して横綱を目指して欲しいものだ。

Dsc07407

相撲好きのおじいさんからいただいた「ジャポニカ学習帳」・・・稀勢の里の可愛いイラストが表紙を飾っている。お孫さんと相撲見物に行かれた娘さんがわざわざ買ってきていただいたというお土産。

Dsc07410

素晴らしい記念になったなぁ~(#^^#)

坂本 洋

|

« ゆるふわに包まれた六甲山牧場 | トップページ | 崩れゆく「国権の最高機関」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65071607

この記事へのトラックバック一覧です: 稀勢の里 まさかまさかの逆転優勝:

« ゆるふわに包まれた六甲山牧場 | トップページ | 崩れゆく「国権の最高機関」 »