« あの日から6年・・・さよなら原発 関西アクションに参加 | トップページ | 早くも桜が満開だ( ̄▽ ̄) »

2017年3月14日 (火)

今に残る“暗越(くらがりごえ)奈良街道”を歩く

Dsc06395_2

大阪と奈良を結ぶ最短の道、“暗越(くらがりごえ)奈良街道”をカメラ散歩。現役の国道なのだが、峠付近には石畳が残り、往時の賑わいをうかがうことができる。

Dsc06397

近鉄奈良線の枚岡駅で降り、枚岡神社の境内を抜けて国道308号線へ。

Dsc06401

生駒山の裾から暗峠(くらがりとうげ)まで、狭い急坂が続く。

Dsc06403

最大斜度37度って、これはもう立派な登山道だ(>_<)

舗装された、現役の国道で、時折自動車が通るが、すれ違いもままならない・・・拡張工事がされなかったことで、往時の雰囲気を残すことになったという。

Dsc06408

静かな山道の先に野鳥・・・アオジが直ぐ近くで道案内(#^^#)

Dsc06415

地元の人々の散歩コースにもなっているようで、“弘法水”や石仏など、よく手入れされている。

Dsc06416

峠付近に差し掛かると、いよいよ道は狭くなる。

Dsc06422

Dsc06423

大阪と奈良を結ぶ最短街道として、ヒトモノの往来で賑わい、さらには伊勢参りの講も加わって、江戸末期には20軒もの旅籠があったという。

Dsc06428

Dsc06434_2

府県境の暗峠付近は石畳が残る。本陣の前の道路がぬからないように敷き詰めたという。

Dsc06432

いまは「日本の道百選 暗峠」として観光名所になっている。

Dsc06438

Dsc06440

確かに風情があるが・・・ここだけというのが少し残念(^-^;

Dsc06442

峠のカフェで一休み。

Img_6948

客は私一人。話好きそうなおばさん二人がアルバムをみせながら昔の話をしてくれた。

子どもが多かった時代は、集団登校で4km離れた生駒市まで。子どもの数が減って、10年ほど前には車で送り迎えをするようになったが、狭い急坂・・・運転するのが本当に大変だったと。

Dsc06448

東には棚田が残り、遠くに生駒の街が。若草山の山焼きも見えるそうだ(#^^#)

Dsc06452

Dsc06454

のどかな田園風景の中を南生駒駅まで歩き、その後東大寺のお水取りを見に行ったわけだ。

坂本 洋

|

« あの日から6年・・・さよなら原発 関西アクションに参加 | トップページ | 早くも桜が満開だ( ̄▽ ̄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65012710

この記事へのトラックバック一覧です: 今に残る“暗越(くらがりごえ)奈良街道”を歩く:

« あの日から6年・・・さよなら原発 関西アクションに参加 | トップページ | 早くも桜が満開だ( ̄▽ ̄) »