« 京都 大原の里を見下ろす金毘羅山へ | トップページ | 荒汐部屋が豊中にやってきた »

2017年3月 5日 (日)

いよいよトカゲのしっぽ切りが始まった

7

連日マスコミをにぎわしている森友学園問題・・・当初はその「愛国」教育を絶賛していた昭恵氏は、国会で追及されると途端に名誉校長を辞任。

C5a0e3guyaag9fj_2

首相も「安倍晋三記念小学校」をしつこく要請されて迷惑だと・・・。

C5rnhqvueamjsac_2

土地取引に絡む口利きを仲介した鴻池議員は、「贈賄を持ちかけられた」と籠池理事長を口汚くののしった。
火の粉が降りかかりそうになった途端、手のひらを反すように森友学園サイドから逃げ出す政治家たち・・・手前勝手にもほどがある。
とうとう、バックにいる日本会議も、「当会の思想とは無関係」と籠池氏側を突き放した。
さらに、土地取引や値引き交渉の記録は「破棄した」と国会答弁していた近畿財務局だが、サンケイ新聞が独自に記録を入手・・・「開校を急ぐため、ゴミの埋め戻しを提案」していたことが明らかになった。
いよいよ追い詰められた籠池理事長側・・・‟窮鼠猫を咬む”の反撃が見ものだよねぇ~( ̄▽ ̄)
木村真豊中市議が追及したことが波紋を広げ、とうとう「アッキード事件」と揶揄される一大スキャンダルに発展。こうなれば次々と内部告発やタレコミも出てきて、もう誰にも止められないだろう。とことん膿を出し切って欲しいもの。

Ski80s_3rd2017_kv_rgb

こんな騒動の広告塔としてはしゃいでいた昭恵氏は、主催するスキーツアーでお楽しみだそうだ。自らが招いた混乱に対するお詫びの一言もなく、身勝手にもほどがあるよなぁ~(>_<)

「国有地売却疑惑の真相究明を求める市民集会」

★日時…3月11日(土) 14時~

★場所…豊中市立文化芸術センター多目的室 (阪急曽根駅から東へ徒歩3分)

★講師…菅野完さん(『日本会議の研究』著者)

★運営協力金…500円 

主催:瑞穂の国小学院問題を考える会 TEL/FAXO6-6844-2280

これはぜひ出かけなくっちゃね。

坂本 洋

|

« 京都 大原の里を見下ろす金毘羅山へ | トップページ | 荒汐部屋が豊中にやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64972904

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよトカゲのしっぽ切りが始まった:

« 京都 大原の里を見下ろす金毘羅山へ | トップページ | 荒汐部屋が豊中にやってきた »