« 昔、豊中にFREAKというロック喫茶があった | トップページ | 平等な増税と分配が社会の安定をもたらす? 井出英策氏に注目! »

2017年3月31日 (金)

スマホのバッテリーを交換

Img_6965_2

iPhone6を使っているのだが、最近バッテリーの消耗が早くなり、一日持たないようになってきた。

特に山登りの際、GPSアプリが突然に落ちてしまうと・・・現在地が分からなくなるので非常に困ることになる。

Softbankからは、「iPhone7に買い替えませんか!」という宣伝メールが頻繁に届く。しかし冷静に考えれば、せっかく毎月の分割支払いが終了したところなので、このままiPhone6で行きたい・・・そこでバッテリーを交換することにした。

Img_6963

Appleショップに行けば安心だが、高いし時間も掛かる。ネットで調べるとずらーーーと「スマホ修理」が出てくる。そのうちの一軒に予約を入れて、西心斎橋のアメリカ村へ。

田舎者のオッサンには場違いな空間だが、路上に座り込む若者の傍をすり抜けてビルの一階にある小ぎれいなお店へ。

Sec07_image01

対応してくれたのは親切なお姉さん。純正ではないが、性能は確かなバッテリーに取り換え、データも消えることはないという。

Sec07_image03

時間は30分くらい・・・心斎橋筋をブラブラして戻ると、無事交換が終わっていた。

料金は通常8000円だが、キャンペーン価格で6500円。ついでに、バッテリーを長持ちさせるコツを教えてもらった。

家で使う場合、充電コードをつなぎっぱなしにするのはよくないそうだ。さらに、時々はバッテリーがなくなるまで使い切るようにとも。

驚いたのは、「iPhoneの本体が少し歪んでいるので、ご注意を!」と。平らなところに置いて紙を差し込むと、横からすっと入ってしまう。私のスマホは「エビ反り」状態になっている(>_<) 本体が薄くなると、曲がるんだねぇ~(^^;)

Img_6967

せっかくだから、帰りに紀伊国屋に寄って、新書を数冊。井出英策氏・・・民進党大会に呼ばれ、経済成長ではない国の在り方を提言し大きな反響を呼んだ気鋭の経済学者。12分間の魂の訴え、ぜひ聞いてみてください!

エマニュエル・トッドも気になるなぁ~。

スマホは直ったけれど、依存症から抜け出して、本を読まないとネ(^^;)

坂本 洋

 

|

« 昔、豊中にFREAKというロック喫茶があった | トップページ | 平等な増税と分配が社会の安定をもたらす? 井出英策氏に注目! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65088141

この記事へのトラックバック一覧です: スマホのバッテリーを交換:

« 昔、豊中にFREAKというロック喫茶があった | トップページ | 平等な増税と分配が社会の安定をもたらす? 井出英策氏に注目! »