« 梅も人も満開の北野天満宮 | トップページ | 京都 大原の里を見下ろす金毘羅山へ »

2017年3月 3日 (金)

「グーグルは神の最大の敵」「頼るはスマホ」?

Rensai2_2

日本の宗教が消滅の危機か・・・「マイルドヤンキー現象」と「スマホ」が原因と指摘も・・・刺激的な内容の記事が目に留まった。(以下、宗教学者の島田裕己氏の記事から引用)

日本の宗教が消滅の危機を迎えている。文化庁の『宗教年鑑』によれば、新宗教の信者数は軒並み激減しているのだ。その象徴が、大阪に本部を置くパーフェクト リバティー(PL)教団だ。平成2年版の『宗教年鑑』で約181万人だった信者数は平成27年版で約90万人に半減。毎年8月に大阪で開催される「教祖祭PL花火芸術」では、目玉の花火イベントが規模を縮小し、かつて甲子園の強豪校として名を馳せたPL学園の野球部は休部となった。

天理教、立正佼成会などの信者数も大幅に減った。最も信者の多い創価学会が公表する会員数は827万世帯で近年は変化がなく、実態はよくわからないが、20年前に300万人ほどだった実際の信者数は現在250万人ほどと推測される。

既成宗教も例外ではなく、仏教にしろ神道にしろ、檀家や参拝者数は確実に減っている。なぜ、日本の宗教は力を失ったのだろうか。(引用終わり)

57f3ebfe

高度成長期、都会に出てきた若者たちの受け皿となったのが、創価学会など新興宗教。心の悩みや病気治癒、さらには異性との出会いの場から就職斡旋など、生活互助会的ネットワークで信者を獲得・・・私自身も、創価学会の猛烈な勧誘に見舞われた経験がある。

その前線にいた世代が高齢化し、後継者も出てこない・・・農業の担い手不足や、「革新」政党の衰退と同様の現象が見られるわけだ。

では、現代の若者は何に救いを求めるかというと、スマホのSNSだという。何か困ったことが起きると、神に頼るよりグーグルで調べ、ソーシャルネットワークに居場所を求めるようになったという。

さらに、高度成長期のように田舎から都会に出てこず、住み慣れた町で同級生たちと居心地の良い空間を維持する「マイルドヤンキー」現象の広がりも背景にあると。

宗教の衰退は日本独自の現象ではなく、世界共通・・・資本主義の発展が神を死に追いやるのだろうか? 

しかし、個としての人間の弱さや不安がなくなるわけではないから、新たな「神」が必要になる。いまそれに最も近いのはスマホなのだろうが、やがてAI(人工知能)が全てを支配する時代がやってきそうだ(>_<)

坂本 洋

|

« 梅も人も満開の北野天満宮 | トップページ | 京都 大原の里を見下ろす金毘羅山へ »

コメント

島田裕己のオウム真理教へのかかわりとその後について書いたものを読みたいと思っていたのですが、何かオススメはありますか。

投稿: 山田隆志 | 2017年3月 3日 (金) 18時13分

恥ずかしながら、私は全く読んでいません・・・(>_<)

投稿: 坂本 洋 | 2017年3月 3日 (金) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/64963730

この記事へのトラックバック一覧です: 「グーグルは神の最大の敵」「頼るはスマホ」?:

« 梅も人も満開の北野天満宮 | トップページ | 京都 大原の里を見下ろす金毘羅山へ »