« “エスペーロ能勢”後「エドヒガンの里」 | トップページ | 桜のスライドショーを高齢者通所施設へプレゼント »

2017年4月11日 (火)

黒川・桜の森で豪華な里山散歩

Dsc08552_2

桜のトンネルの中をケーブルカーが登る妙見山へ。

Dsc08542_2

お目当ては「妙見の森」のエドヒガン。

Dsc08509_5

しかし、標高500m付近はまだ冬景色のまま・・・“妙桜”と名付けられた巨木が、僅かにつぼみを膨らましているだけ。

Dsc08562_2

それではと、少し北にある「黒川・桜の森」へ。

Dsc08567_2

国道477号線傍の駐車場に車を止め、谷へ下る。

Dsc08573_2

明るい里山の斜面には遊歩道が付けられ、エドヒガンの巨木を巡る桜散歩ができる。

江戸時代から昭和にかけて、黒川地区は炭焼きの里として栄えた。しかし、1960年ごろの燃料革命の影響を受け衰退・・・里山は荒れ放題のジャングルになってしまったという。

近年、菊炭の復活に取り組む中、エドヒガンの巨木が数多く残っていることが分かり、地元のボランティアの手で里山の復活がなされた結果、新たな桜の名所になった。

Dsc08575_2

Dsc08580_2

Dsc08587_2

昨日は曇り空だったのが残念だが、暖かくなった季節、陽光を浴びながらの里山散歩にぴったりなロケーション。

Dsc08588_2

絡まっている太いつるを取り除く作業の中で発見された巨樹・・・“長老”と名付けられたエドヒガン。

Dsc08599_2

Dsc08602_2

奥まった谷筋には、“微笑み桜”・・・それぞれに思いが込められたネーミングがなされている。

Dsc08613_2

Dsc08619

ソメイヨシノとは一味違った野趣あふれる桜を楽しむことができる。

Dsc08617

能勢電車の妙見口から、新緑を見ながらの里山散歩。少し足を延ばして、野間の大ケヤキを訪ね、近くの古民家カフェ“エスペーロ能勢”へ・・・とっておきの里山ハイクをどうぞ(#^^#)

坂本 洋

|

« “エスペーロ能勢”後「エドヒガンの里」 | トップページ | 桜のスライドショーを高齢者通所施設へプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65135291

この記事へのトラックバック一覧です: 黒川・桜の森で豪華な里山散歩:

« “エスペーロ能勢”後「エドヒガンの里」 | トップページ | 桜のスライドショーを高齢者通所施設へプレゼント »