« 咲いた咲いた チューリップの花が | トップページ | 核も原発も一緒・・・「原子力はごめんだ」を生涯貫いた和田長久さんを送る会 »

2017年4月15日 (土)

鈴鹿山系最高峰の御池岳を目指したが・・・

Dsc09165_2

福寿草が咲く藤原岳に続いて、鈴鹿山系最高峰の御池岳へ。

冬季通行止めも解除されているだろうと、滋賀県側から306号線を行くと土砂崩れで通行止め。仕方がないので関ケ原まで大廻りして、三重県側から登山口のある「鞍掛トンネル」へ行こうとしたのだが・・・麓で無情にもフェンス(>_<)

結局、5kmも車道を歩くことになった。

Dsc09065

ようやくコグルミ谷登山口へたどり着いたが、時間も体力も消耗してしまった(^^;)

Dsc09067

静かな谷を行くと、何やら動くもの・・・何と日本リス!

Dsc09070

Dsc09081

愛らしい姿で岩の上にちょこんと座っていた(#^^#) これはラッキー!

Dsc09089

ところどころに積雪が残った荒れた道は油断ができない。

Dsc09101

踏み後もなく、目印の赤いテープも見失いながら、迷い迷い登る。

Dsc09104

ようやくカタクリ峠に到着。ここで藤原岳から登ってきたというおじさんと出会い、しばし鈴鹿の山について教えていただいた。

Dsc09109

目指す御池岳は谷越えに見えているのだが・・・降りてみると谷は深い積雪でコースも分からない。時間も遅れているので、ピークは諦めて周回コースへ。

Dsc09126

穏やかな山日和・・・稜線歩きには最高!

Dsc09138

鈴北岳(1182m)に到着。

Dsc09139

高原散歩が楽しいという御池岳・・・新緑の時に再チャレンジすることにした。

Dsc09140

Dsc09142

残雪が深い下り道、慎重に下って

Dsc09148

ようやく「鞍掛トンネル」すぐ上の峠に到着。

Dsc09135

306号線の崩落現場・・・これでは復旧はまだまだ先になることだろう。

無事下山したが、ここから車を止めている麓まで7km以上・・・通行止めの車道を歩かないといけない(>_<)

Dsc09154_2

ふと横の斜面を見ると、カタクリが咲いている!

日本リスとカタクリ・・・思わぬご褒美をいただいた(#^^#)

Dsc09163

坂本 洋

|

« 咲いた咲いた チューリップの花が | トップページ | 核も原発も一緒・・・「原子力はごめんだ」を生涯貫いた和田長久さんを送る会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65151847

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿山系最高峰の御池岳を目指したが・・・:

« 咲いた咲いた チューリップの花が | トップページ | 核も原発も一緒・・・「原子力はごめんだ」を生涯貫いた和田長久さんを送る会 »