« “反骨のジャーナリスト”郡山吉雄さん逝く | トップページ | “のだふじ”巡りでカメラ散歩 »

2017年4月27日 (木)

同僚はウルトラマラソンランナー

Map_2

列島が行楽地に向けて民族大移動となるGWの真っただ中、5月2日~4日にかけて250kmのウルトラマラソン大会が行われるという。

場所は山口県の萩往還・・・毛利氏が慶長9年(1604)萩城築城後、江戸への参勤交代での「御成道(おなりみち)」として開かれ。日本海側の萩(萩市)と瀬戸内海側の三田尻港(防府市)をほぼ直線で結び、全長はおよそ53km。

1100146

江戸時代の庶民にとって山陰と山陽を結ぶ「陰陽連絡道」として重要な交通路であり、幕末には、維新の志士たちが往来し、歴史の上で重要な役割を果たしたそうだ。

Top_main_2

その歴史街道を舞台に、全国から健脚自慢が500人集い、昼夜を通して走り続ける超過酷なレースで、制限時間は48時間。

参加費は何と38,000円・・・これだけやるから走れって言われてもとてもできないよね(^^;)

我が同僚の送迎ドライバー、ヤマグチさんがこれに出場・・・彼は毎年参加を続け、今年が10回目。たぶんその世界では名の売れたランナーだろうと思う。

昨年は練習し過ぎて体調を壊し、不本意な結果に終わったということで、今年にかける意気込みはすごいものがある。一応の区切りをつけるつもりというから、ぜひ有終の美を飾って欲しいもの(#^^#)

42kmの普通のマラソンでもすごいのに、ウルトラマラソンは250km! 常人には信じがたい距離・・・大阪から浜松までぶっ通しで走るということだ(*_*) 世の中には凄ーーーい人がいるものだ。

坂本 洋

 

|

« “反骨のジャーナリスト”郡山吉雄さん逝く | トップページ | “のだふじ”巡りでカメラ散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65202617

この記事へのトラックバック一覧です: 同僚はウルトラマラソンランナー:

« “反骨のジャーナリスト”郡山吉雄さん逝く | トップページ | “のだふじ”巡りでカメラ散歩 »