« 核保有国同士のチキンレースは止めてくれ(>_<) | トップページ | 同僚はウルトラマラソンランナー »

2017年4月26日 (水)

“反骨のジャーナリスト”郡山吉雄さん逝く

Img_7065_1_2

生き生き箕面通信」というブログを発信して来られた郡山吉雄さんが23日亡くなり、昨夜は通夜式。享年78歳・・・男性の平均寿命とはいえ、まだまだお若い。その辛口の硬派のメッセージを、もう聞くことも見ることもできないのは余りに残念でならない・・・(>_<)

世界最大の発行部数を誇る大新聞の記者として、長年活躍されたジャーナリスト。リタイヤ後は、悠々自適の身に安住することなく、永住の地箕面から、毎朝、時事・政治・環境問題など広範に渡る堂々たる論説を発信してこられた。

特に晩年は、極右に憑りつかれたかのごとき安倍政権の暴走に強い警鐘を打ち鳴らし、御用新聞と化したマスコミを鋭く批判・・・ご自身が在籍された新聞社への批判は特に熾烈を極めた。

B3a2627434c2872dfc624c69a5522ccb_3

郡山さんとの出会いは、世界的数学者で大道芸人としても有名なピーター・フランクルさんを箕面に招いた際だった。郡山さんの息子さんがピーターの弟子だと聞いて驚いたことを思い出す。

その後、箕面市長・市議選への関わりの中で、いろいろとご指導をいただいたが、不肖私は当然のことながら厳しいお叱りを頂戴することばかり・・・とにかくよく怒られた(>_<) 歯がゆさが我慢ならなかったことだろう。

そんな怖い郡山さんだったが、本当によく可愛がっていただいた。一緒に酒を飲み、政治を語るその眼は生き生きと輝き、まるで青年のようだった。

Ikiiki_2

昨年秋に末期ガンと診断され、毎朝欠かさず続けてこられたブログが滞るようになった。自らの決断で緩和ケア病棟へ入ることになり、ブログは2016年12月11日が絶筆となった。

亡くなる少し前の3月22日、Sご夫妻と一緒にお見舞いに行ったときは、かっての生気は失われていたが、穏やかな表情で迎えてくださって・・・最後のお別れができてうれしかった。

郡山さんの遺志を継ぐことなどとてもできないが、反骨のジャーナリストと同時代をご一緒できたことを心から光栄に思います。長年本当にお疲れ様でした<(_ _)>

坂本 洋

 

|

« 核保有国同士のチキンレースは止めてくれ(>_<) | トップページ | 同僚はウルトラマラソンランナー »

コメント

郡山君の学生時代の同級の友人です。安保世代で、デモ仲間といったところでしょうか。昨年10月にお見舞いに友人3人でお見舞いに行ったときは病院の周囲を散歩したりして、お元気でした。その後ブログが途絶えてしまったので大変心配していたのです。病院に問い合わせても個人情報を教えられないと断られました。私は北海道に住んでいるので心配するだけでなかなか確かめようがなくて困っていました。奥さんには先立たれているし、お二人の子息の連絡先もわかりませんでした。本当に残念です。

投稿: 黒田 晴雄 | 2017年5月16日 (火) 18時01分

黒田様
お便りありがとうございます。
ブログにも、黒田様たちご友人のお見舞いが大変嬉しかったと書いておられました。
大先輩の堂々とした生きかた、そして自らの意思による人生の締め括り・・・どちらにも強いインパクトを受けました。残りの人生の指針にしたいと思います。
黒田様も、どうぞご自愛下さいませ。

投稿: 坂本 洋 | 2017年5月16日 (火) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65198590

この記事へのトラックバック一覧です: “反骨のジャーナリスト”郡山吉雄さん逝く:

« 核保有国同士のチキンレースは止めてくれ(>_<) | トップページ | 同僚はウルトラマラソンランナー »