« 友部はやっぱり友部・・・背伸びしないと聴けないんだよなぁ~(^^;) | トップページ | 核抑止力より 仲良くしーりょく・・・“ピースマーケット音頭”がブレイクか! »

2017年5月17日 (水)

田中研二帰国ライブin豊中まであと二日

17741277_879665902172427_52593452_2

シドニー在住のフォークシンガー、タナケンこと田中研二の帰国ツアーが展開中。「今は遠い五月の空」・・・懐かしくも意味深なタイトルで、大阪・長野・東京を回って今日は名古屋、そして締めくくりの19日(金)に豊中にやってくる。

Hamidashi2

「はみだしコンサート番外編」と名付け、ゲストに豊田勇造を迎え、豊中駅前エトレビルの「すてっぷホール」をライブハウスに変えようという趣向。主催は「一日だけの」喫茶FREAK。

0009091011

1972年、豊中駅近くにFREAKというロック喫茶があった。大学をドロップアウトした私は、長髪にジーンズ姿でカウンターに立ち、一日中ロックやフォークのレコードを掛け、若者たちとロックを政治を文化を熱く語っていた。

Img_7114

そこで出会ったミュージシャンたちがバンドを組み、貧°苦巣(ピンクス)と田中研二は九州・沖縄ツアーに・・・名もなく貧しく美しくない貧乏人一座にあったのは、若さと誇りと無鉄砲なエネルギーだけだった(^^;)

Dsc02266

Dsc02220

Dsc02223

そのツアーの「成果」が、田中研二の唯一のレコード「チャーリーフロイドのように」に結実。

Dsc02238

川西市の外れ、教会のキャンプ場を借りて行ったレコーディングには、先日能勢町でコンサートを行った友部正人も・・・。

Dsc02227

当時からむちゃくちゃ理屈っぽかったタナケンは、手書きのライナーノートにその片鱗を綴っている。

Dsc02269

Dsc02258

Dsc02180_2

ガリ版刷りのミニコミ「FREAK OUT」を出し、豊中に、貧°苦巣とオルタナティブミュージシャンを招いて手作りのコンサート「はみだしコンサート」を開催・・・楽しいことは、身銭を払って自分たちで作り出すもの(#^^#)

Dsc02176

「太った豚どもにクロスカウンターを!」をスローガンに、豊中市議選に乱入したのも、「今は遠い五月の空」・・・。

「若気の至り」? イヤイヤ、恥ずかしくも眩しい私たちの青春だ。

当日は最後に、Bob Dylanの“My Back Pages”中山ラビバージョンをみんなで・・・いつまでも若くではなく、Younger than yesterday・・・昨日よりも若くで行きたいよね(#^^#)

坂本 洋

|

« 友部はやっぱり友部・・・背伸びしないと聴けないんだよなぁ~(^^;) | トップページ | 核抑止力より 仲良くしーりょく・・・“ピースマーケット音頭”がブレイクか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65289516

この記事へのトラックバック一覧です: 田中研二帰国ライブin豊中まであと二日:

« 友部はやっぱり友部・・・背伸びしないと聴けないんだよなぁ~(^^;) | トップページ | 核抑止力より 仲良くしーりょく・・・“ピースマーケット音頭”がブレイクか! »