« 言葉の力で未来をつむぐ・・・高橋源一郎さんが豊中で講演 | トップページ | マニュアルが仕事を増やす悪循環 »

2017年5月25日 (木)

一万本のバラが満開

Dsc02609

伊丹市の荒牧バラ公園で、250種一万本のバラが見頃を迎えている。曇り空ながら汗ばむほどの陽気の中、私のようなカメラ愛好家を始め、幼稚園児やデイサービスの団体など、大勢の見物客で賑わっていた。

Dsc02546

Dsc02554

年二回、春と秋に開花するバラ・・・やはり春の方がボリュームがあるようだ。

Dsc02561_2

私のお気に入りは薄いピンク(#^^#) 思わずうっとりと見入ってしまう。

Dsc02564

Dsc02566

Dsc02571

Dsc02580_3

Dsc02587

豪華なのは真紅・・・強い意志とエネルギーがみなぎっている。
いずれ劣らぬ艶やかさ、勝負服に身を包み、虫を呼ぶために御開帳だ(#^^#)

Dsc02594

Dsc02598

満開のバラの前で、みなさんハイチーズ! 最近はスマホと自撮り棒の普及ですっかりシャッターボランティアを頼まれることもなくなったが、昨日は大阪のおばちゃん3人にとっつかまった(^^;)

Dsc02604

Dsc02607

Dsc02623

美しい花に囲まれていると、みなさん自然に笑顔になる。ここは無料で開放されているから有難いよね(#^^#)

Dsc02654

Dsc02676

Dsc02681

初夏の陽気、日陰でお弁当を広げる人たちも気持ちよさそうだ。ただ、バラの香りよりも農薬の刺激臭が鼻を突く。これほど美しく咲かせるためには殺虫剤・殺菌剤が大量に噴霧されているわけだ。

高齢者はともかく、子どもたちは長居はしないほうがいいかもね(^^;)

Dsc02689

今週末ぐらいまでが見ごろかな? 

坂本 洋

|

« 言葉の力で未来をつむぐ・・・高橋源一郎さんが豊中で講演 | トップページ | マニュアルが仕事を増やす悪循環 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65325049

この記事へのトラックバック一覧です: 一万本のバラが満開:

« 言葉の力で未来をつむぐ・・・高橋源一郎さんが豊中で講演 | トップページ | マニュアルが仕事を増やす悪循環 »