« 「シンガーが好きなシンガー」田中研二の持つ引力に脱帽 | トップページ | 初夏の日差しを浴びながら森林浴・・・布引の滝から森林植物園へ »

2017年5月21日 (日)

ぬいぐるみを使った憲法のお話・・・「檻の中のライオン」って?

Img_2296_2

ぬいぐるみを使った憲法のお話って? 今までにない切り口で憲法を分かりやすく語る「憲法カフェ・檻の中のライオンinとよなか」の二日目に参加。

土曜日の午後・・・会場は子どもたちが動き回り、若い女性の華やかな装いで活気に満ちていた。

51guld5vql_sx348_bo1204203200_

広島弁護士会所属の楾大樹(はんどうたいき)弁護士が、ライオンのぬいぐるみと檻(おり)に見立てたスチール製の水切りを手に、ピンマイクで熱演中。

「私たち一人ひとりはみな違うけど、いっしょなのは何かな?」 クイズ形式で参加者に問いかける・・・そう共通なのはみんな同じ人間だという点。

Img_2297

誰もが等しく持つ権利=人権を守るためにはどうすればいい? 次々と飛び出すストレートな質問・・・改めて問われると、「え!」、「あれ?」ととまどってしまう(^^;)

誰もが好き勝手にすればいさかいが起こる。共通のルールが必要だとして、強いライオンに政治を任せようとなったが・・・ライオンが暴れては大変。そこでライオンと契約書を交わすことにした。それが憲法という檻。

Img_2298

檻を造ったのは主権者である国民で、権力者たちを閉じ込めている。

Img_2299

Img_2300

けれども、安倍政権になってからどうも様子がおかしくなってきた。

Img_2301

Img_2302

危機感を抱いた楾さんは、子どもから大人まで、誰もが分かるような仕掛けを考え、全国を講演中。これが楾さんの「不断の努力」

Img_2303

Img_2304

「右か左かはそれぞれに異なっても、上下・・・主権者が上で権力者はそのしもべでなければならないということは忘れてはダメ!」と。

憲法という重たいテーマ。小林節さんや伊藤真さんは、それぞれのスタイルで明快に憲法を語るが、聴衆はほとんど前期高齢者以上。

あすわかの若手弁護士が展開する「憲法カフェ」は、ゆるい雰囲気でその敷居を下げているが、楾さんはそれをより面白く演出・・・いやぁ~たいしたものだ(#^^#)

惜しむらくは、分量が多すぎるのでは? 憲法全般を二時間びっしりではちょっとしんどい。手法としての選択と集中が必要では? と思った。 

Img_2307

SEALDsが新しい表現方法を作り出したように、若いセンスあふれる人たちが、魅力的な手法をデザインしてくれるよう切に願う。デモも集会もね(#^^#)

坂本 洋

Img_2320

|

« 「シンガーが好きなシンガー」田中研二の持つ引力に脱帽 | トップページ | 初夏の日差しを浴びながら森林浴・・・布引の滝から森林植物園へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65308049

この記事へのトラックバック一覧です: ぬいぐるみを使った憲法のお話・・・「檻の中のライオン」って?:

« 「シンガーが好きなシンガー」田中研二の持つ引力に脱帽 | トップページ | 初夏の日差しを浴びながら森林浴・・・布引の滝から森林植物園へ »