« ピースマーケット・のせ 2017 大阪のてっぺんから平和を世界に!  | トップページ | 田中研二帰国ライブin豊中まであと二日 »

2017年5月16日 (火)

友部はやっぱり友部・・・背伸びしないと聴けないんだよなぁ~(^^;)

18402893_435047953537367_72292511_2

大盛況だった「ピースマーケット・のせ2017」に引き続いて、能勢町浄瑠璃シアターホールで「友部正人スペシャルコンサート」が行われた。

数十年ぶりに聴いた生演奏・・・あのしわがれ声はそのままで、甲高い叫びのような歌い方も変わってなかった。求道者のように、ひた向きに語りかけるように歌い始め、休憩も挟まず90分歌い切った。

当時と変わったのは、触れれば火傷しそうなギスギスした雰囲気は融け、聴くものを包み込むような柔らかさが感じられたが、それは円熟とは似て非なるもので、彼の持ち味を殺すものではなかった。

1950年生まれの友部は、「大阪へやって来た」で衝撃のデビュー。同時代を生きる私は、友人たちとベトナム反戦のデモや梅田地下街でフォークゲリラをやっていたが、カミソリのような鋭さと、ナタのような破壊力を持った友部正人に瞬殺され、即座に歌うのを止めた(>_<)

当時豊中で始めたロック喫茶FREAKでのライブには、15人も入れば満員のところに80人以上が詰めかけ、道路にあふれて聞き入ったことを思い出す。豊中市民会館大ホールでの「はみだしコンサート」の第一回は、友部正人と頭脳警察・・・私も当時はエネルギーに満ち満ちていたわけだ(^^;)

静かに聴き入る私たちを前に、次々とうたい続ける友部正人・・・知っている曲は、「一本道」ともう一つぐらいだったが、中には9.11や福島のこと、更にはトランプの登場などを連想させる歌もあった。一緒に聞いた団塊ジュニア世代の息子は、「友部さんの歌は詩なんやなぁ~」と・・・。直接的表現でないところが、時代を超え、世代を超えて訴えかける力を持つことを感じたようだった(#^^#)

友部正人はやっぱり友部正人・・・軽重浮薄な私にはハードルが高く、背伸びしながら聴かないとついて行けないが、それがまた魅力なんだよなぁ~(#^^#) Hさんはじめ、ピースマーケットのスタッフのみなさん、素晴らしいひと時をありがとうございましたm(__)m

ちなみに、5月19日(金)には、「はみだしコンサート番外編」として、同世代の吟遊詩人でオーストラリア在住のタナケンこと「田中研二帰国ライブin豊中」を、すてっぷホールで開催。ゲストは豊田勇造。さらに、FREAKゆかりのミュージシャンも多数参加予定! 

不肖坂本 洋プロデュース・・・みなさんよろしくね(#^^#)

坂本 洋

|

« ピースマーケット・のせ 2017 大阪のてっぺんから平和を世界に!  | トップページ | 田中研二帰国ライブin豊中まであと二日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65285468

この記事へのトラックバック一覧です: 友部はやっぱり友部・・・背伸びしないと聴けないんだよなぁ~(^^;):

« ピースマーケット・のせ 2017 大阪のてっぺんから平和を世界に!  | トップページ | 田中研二帰国ライブin豊中まであと二日 »