« 高校生に告ぐ “チャリスマホは止めてくれ!” | トップページ | 元SEALDsの奥田愛基君らがプロデュースする経済の話 »

2017年6月 3日 (土)

明神平で、「ブナの森」の稜線歩き

Dsc02981_2

台風並みの寒冷前線が足早に列島を通過した後、昼頃から天気は回復との予報を信じて奈良県東吉野村の明神平へ。午前中は強風と深い霧、午後は青空ものぞく複雑な天気の中、ブナの森の稜線歩きを楽しんだ。

吉野川の源流近く、奥深い谷が登山口。雨に濡れた山アジサイが迎えてくれた。

Dsc02987

ゴロゴロ巨岩が転がる沢を登る。激流の跡を物語るように、土砂崩れで荒れたルートは分かりにくい(>_<) この日唯一出会った二人連れ・・・「山頂付近はものすごく風が強いですよ」と。

Dsc02995

途中から霧が出てきた。ゴーゴーと風がうなってる。

道端にはバイケイソウの群落・・・毒があって鹿の食害から逃れているが、逆にこれしか育たなくなるとも・・・。

Dsc03003

明神平に到着・・・山小屋は固く扉を閉ざしたままで、強風の中、一休みもままならない(>_<)

Dsc03012_2

霧の中、明神岳へ尾根道を行くと、そこだけハイライトのように真っ赤なツツジが咲いていた・・・アカヤシオかな?

Dsc03014

雲がすごいスピードで流れていく。紀伊半島にそびえる台高山脈・・・大台ヶ原と高見山に因んで名づけられたというが、四国から九州に続くメディアンライン(中央構造線)を形造る「地球のしわ」なのだ。

Dsc03017

Dsc03020

標高1432mの明神岳・・・稜線上にあるので、ピークではないのが少し残念( ;∀;)

Dsc03025

Dsc03033

折り返して尾根道を西に。
なだらかな稜線の両側に広がるブナの森・・・新緑から青葉へと緑が濃くなる。紅葉の時期も素晴らしいことだろう。

Dsc03036

Dsc03048

Dsc03055

ようやく青空が覗いてきた。雨に洗われた山並みの彼方は熊野灘か・・・(#^^#)

Dsc03059

こちらは標高1406mの薊岳(あざみだけ)・・・難しくて読めなかった(^^;)

Dsc03071

僅かに残るシャクナゲ・・・満開の時期に来てみたいものだ。

Dsc03075

Dsc03080

稜線の外れに、森の主のようなブナの巨木・・・怪獣の爪のようだよね(^^;)

Dsc03081

これが昨日のお気に入りのショット(#^^#)

Dsc03094

下山・・・標高差1000mを降りて膝が痛くなったが、見事な清流に目を奪われた。東吉野村・・・ゆっくりと楽しみたい秘境だよなぁ~(#^^#)

Dsc03100

ヤマメ釣り? おじさんがダイバーのような恰好で清流を渡っていた。

坂本 洋

|

« 高校生に告ぐ “チャリスマホは止めてくれ!” | トップページ | 元SEALDsの奥田愛基君らがプロデュースする経済の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65362759

この記事へのトラックバック一覧です: 明神平で、「ブナの森」の稜線歩き:

« 高校生に告ぐ “チャリスマホは止めてくれ!” | トップページ | 元SEALDsの奥田愛基君らがプロデュースする経済の話 »