« 小さな図書館に寄贈本が50冊も! | トップページ | 熊野以素豊中市議の憲法カフェ・・・“平和の鬼”が吠える »

2017年6月17日 (土)

六甲高山植物園で高原気分を先取り

Dsc03811_2

梅雨はどこへ行ったのかと思うほど雨が降らない中、六甲高山植物園へ。下界より4℃ほど気温が低く、手軽に高原気分が味わえる。ニッコウキスゲやコマクサなど、夏山の主役たちが早々と迎えてくれた。

夏の訪れを告げるウツギ・・・登山道の至るところに清楚な白い花が満開だ。

Dsc03807

キイチゴをつまんで口に入れる・・・甘酸っぱいツブツブが幼い日の野遊びを思い起こさせる(#^^#)

Dsc03821

園内は丁度コアジサイが満開。若い女性のガイドで見頃の花を巡る。

Dsc03823

アジサイ特有の装飾花はなく、青紫の小さな花を無数に付けている。

Dsc03884

淡い香りで虫を呼ぶそうだ。

Dsc03935

陽光を受けてニッコウキスゲが咲き乱れている。夏の高原を象徴する元気の出る花だ。

Dsc03856

 

Dsc03836

イブキトラノオが涼し気に風になびき、岩場にはマツムシソウが群落をつくる。

Dsc03851

「高山植物の女王」と称されるコマクサ・・・他の植物が生えない荒地で、ユーモラスな馬面を見せている。

Dsc03864

ウスユキソウ・・・有名なエーデルワイスの日本版。

Dsc03869

こちらがヨーロッパの本家・・・びっしりとうぶげに覆われているのは、空気中の水分を貯えるためだそうだ。

Dsc03878

私の好きなカラマツソウもひっそりと咲いていた。

Dsc03896

仏塔の上の飾り・・・九輪に似ていることから名付けられたというクリンソウはそろそろ終わりで少し残念。

Dsc03888_2

Dsc03965

オオヤマレンゲやヤマボウシなど、いつまで見ていても飽きないのだが・・・そろそろ下山へ。

Dsc03969

六甲にも僅かに残るブナ林を過ぎ、有馬へ。

Dsc03974

幻のアジサイといわれるシチダンカがひっそりと花開いていた。

半月もすれば夏山開き・・・アルプスでお花畑の中を登るのが今から楽しみ(#^^#)

坂本 洋

|

« 小さな図書館に寄贈本が50冊も! | トップページ | 熊野以素豊中市議の憲法カフェ・・・“平和の鬼”が吠える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65420981

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲高山植物園で高原気分を先取り:

« 小さな図書館に寄贈本が50冊も! | トップページ | 熊野以素豊中市議の憲法カフェ・・・“平和の鬼”が吠える »