« 明神平で、「ブナの森」の稜線歩き | トップページ | 田植えから一週間 猫の手倶楽部の田んぼで草抜き »

2017年6月 4日 (日)

元SEALDsの奥田愛基君らがプロデュースする経済の話

Img_2337_2

SEALDsから生まれた「市民のためのシンクタンク」ReDEMOS(リデモス)・・・大阪で初めてのトークライブに、奥田愛基君が来るという。これは是非ともいかなっくっちゃ(#^^#)

「安保法」阻止から参議院選挙での「野党共闘」実現へ、文字通り命がけで走り続けた愛基君。体調を壊したというので心配したが、昨日は元気な顔を見せていた。

Img_2339

「今、大阪から経済の話をしよう」・・・アベノミクスで成長? 確かに異次元の金融緩和で円安になり、輸出企業は空前の利益を得て内部留保は増えた。更に株高になり、富裕層は儲かったが・・・。

一方で、非正規雇用の増加と格差の拡大で、若者はワーキングプアに追い込まれ、未来を奪われつつある。いったい誰のための経済成長なのか?

最後のよりどころの社会保障も、「高齢者重視」と「専業主婦モデル」では若者には届かない・・・。

Img_2352_2

安倍首相が喧伝する経済の好循環って? 東大の大沢真理先生が統計数字のマジックを解説・・・GDPの統計基準が変わったり、基準年度の変更など、政府にとって都合のいい数字を積み上げただけ・・・ウソではないが、国民経済の実態を正確に表しているとはとても言えない。

Img_2360_2

専門家でないと分かりづらいが、せめてマスコミは統計の裏側を明らかにすべきだと。

Img_2362

二部はパネルディスカッション・・・塩田潤(ReDEMOS・神戸大学大学院)奥田愛基(ReDEMOS代表理事)辻元清美衆議院議員(民進党) 大門実紀史参議院議員(共産党) 小川郁(SADL・関西市民連合)に大沢教授も加わってにぎやかなトークライブを展開。

Img_2365

奈良県吉野郡出身の辻元さん、「柿の葉寿司」を知らない愛基君を一喝! 「でもオレ土産買う趣味無いし(^^;)」(笑)

グローバリズムではなく、地域に根差した「毛細血管的産業」を応援することが必要だと強調・・・迫力と分かりやすさはさすがだ。

交野の造り酒屋が実家だという大門さん、本物の日本酒が大ブレークだという。

大企業・大株主・大金持ち偏重のアベノミクスだが、さすがに「行き過ぎでは・・・」という声が、自民党内や経済界からも聞こえてくるようになった。「株主資本主義から転換の時」だと。

Img_2366

SADL(民主主義と生活を守る有志)の小川さん、「スーパーで買い物するが、値上げはさほど感じないけど、中身が減ったと思う」と生活者のリアルを紹介・・・確かにそうだよねぇ~(^^;)

カジノや共謀法など、安倍政権がごり押しする政策に対しても、それぞれに鋭い切り口からの反論・・・短い時間で盛りだくさんな内容が参加者を眠らせない(^^;)

若者をワーキングプアから解放し、息苦しさを無くすために必要なのは?

大沢教授は、「アベノミクスと真逆をすればいい」と明快。グローバルからローカルに、マネー経済からモノ作り再生に、そして男女平等の徹底を!

全ての根底に男女不平等がある。日本は昔からそうだったといわれているが、そうではない。農村では男性もいまよりずっと家事育児をしていた。賃金格差が少ないほど男女は協働する・・・さすがに学者ならではの分析が鋭かった(#^^#)

Img_2367_2

SEALDsから生まれたReDEMOSがプロデュースすると政治・経済はこうなる・・・ライブハウスは100人を超える参加者で満員。ビールを飲みながら、映像を見ながらの居酒屋談義・・・「共産党もこういうライブをやらないといけないなぁ~」と大門さん。大門酒造のお酒を買いたくなった(#^^#)

政治は文化・・・暮らしは全て政治につながっている。政治と文化のハザマを考え続けてきた私にとって、なかなか興味深い若者たちの取り組みだった。

坂本 洋

|

« 明神平で、「ブナの森」の稜線歩き | トップページ | 田植えから一週間 猫の手倶楽部の田んぼで草抜き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65366956

この記事へのトラックバック一覧です: 元SEALDsの奥田愛基君らがプロデュースする経済の話:

« 明神平で、「ブナの森」の稜線歩き | トップページ | 田植えから一週間 猫の手倶楽部の田んぼで草抜き »