« お蔭さまで血糖値は改善し、薬を減らせるかも(#^^#) | トップページ | いよいよ槍ヶ岳の山頂へ »

2017年7月30日 (日)

あこがれの槍ヶ岳へ二泊三日の山旅

Dsc06488_2

槍のように尖った山頂が特徴の槍ヶ岳、富士山と同じようにどこから見ても一目でそれとわかる。この夏は槍の穂先に登ろうと日本アルプスへ。

登山口は有名な観光地の上高地・・・河童橋は雨にぬれていた。

Dsc06521

梓川沿いに登山道、というよりハイキングコースをさかのぼる。徳沢ではカラフルなテントが多数張られていた・・・アウトドアのメッカでもあるのだ。

Dsc06538

あいにくの雨の中、ハイカーが黙々と進む。みなさん立派なゴアテックスのレインコート。私はカメラがあるので折り畳み傘(^^;

Dsc06552

ごうごうと音を立てて激しく流れる梓川、しかし濁流ではなくあくまでも澄み切っている。

Dsc06573

雨に濡れながら、ニッコウキスゲが可憐な花を開いていた。

Dsc06583

4時間半ほどで15㎞を歩き、一日目の宿舎“槍沢ロッジ”に到着。

Dsc06584

残り山頂までは6㎞ほど・・・しかしここからは本格的な急坂が続く。強者は一気に登るが、普通はここで一泊して明日に備える。

Dsc06598

ようやく雨も上がり、樹間から槍の穂先が見えた! 「おおーーー!」という感じ(*^^*)

Dsc06615

あたりにはダケカンバの植層が広がる。緑の森に白い幹が独特の雰囲気を醸し出している。

Dsc06654

次の朝、6時に山小屋をスタートし、梓川の沢を登る。

Dsc06658

なんとヤマザクラが咲いていた!

Dsc06670

Dsc06673

源流近くになると大雪渓が現れる。真夏でも融けずに残る雪と氷の道を、滑らないように慎重に登る。

Dsc06692

最後の急な上り坂、霧に煙る斜面は高山植物のお花畑。

Dsc06682

サンカヨウ・・・雨に濡れて本当に透き通っている(*^^*)

Dsc06716

こちらは紫が鮮やか。

Dsc06711

ジグザグの急坂を喘ぎながら登り、ようやく霧に煙る山小屋“槍ヶ岳山荘”に到着。
二日目は距離は6㎞ほどだが、時間は5時間以上掛った・・・標高差1225mもあり、4つの雪渓もあるからねぇ~・・・ヘロヘロだ(>_<)

Dsc06727

霧が晴れると登ってきたカールの絶景が広がる。

Dsc06736

すぐ後ろには槍の穂先が!

既に大勢のハイカーが山頂目指して登っていて、数珠つなぎ状態・・・絶壁で混雑するのも怖い話だよね(>_<)

Dsc06747

一休みした後、私もその行列に交じって山頂を目指すのだが・・・(以下続く)

坂本 洋

|

« お蔭さまで血糖値は改善し、薬を減らせるかも(#^^#) | トップページ | いよいよ槍ヶ岳の山頂へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65597304

この記事へのトラックバック一覧です: あこがれの槍ヶ岳へ二泊三日の山旅:

« お蔭さまで血糖値は改善し、薬を減らせるかも(#^^#) | トップページ | いよいよ槍ヶ岳の山頂へ »