« ヒマワリが咲いた | トップページ | 北陸の霊峰 白山へ »

2017年7月13日 (木)

能勢町 長谷の棚田

Dsc05368_2

大阪府能勢町の西部に、日本の棚田百選に選ばれている「長谷の棚田」がある。田植えから二か月ほどが経ち、階段状の田んぼが緑に染まる梅雨の時期、今年もカメラ散歩に出かけた。

Dsc05335

Dsc05336

畦道にはヤブカンゾウの花が咲くのどかな田園地域。

Dsc05337

Dsc05338

坂道を登るにつれ、眼下に緑のジュータンが広がっていく。

Dsc05342

人家は山のへりに点在し、谷あいの広い部分が田んぼ。先人たちが石を積み、等高線に沿って作り上げたのが棚田だ。

高度成長の津波に飲み込まれ、耕作放棄地が広がる中、かろうじて残された棚田がいま「美しい日本の原風景」として観光客を呼ぶ時代。

Dsc05346

Dsc05351

Dsc05359

歩くだけでも汗が噴き出す急坂、狭い田んぼは機械化もままならず、イノシシやシカなど獣害も深刻だという。

Dsc05360

先祖代々受け継いだ田んぼも後継者がおらず、「貸し農園」に転用されてビニールハウスが棚田の景観を損なう事情も・・・。

Dsc05369

この美しい風景はいつまでも残して欲しいと部外者は勝手に思うが・・・。

Dsc05374

Dsc05378

道の駅“くりの郷”から僅かなところにあるこの風景・・・地元のみなさんのご迷惑にならないように、静かに楽しんで欲しいと思う。

坂本 洋

 

|

« ヒマワリが咲いた | トップページ | 北陸の霊峰 白山へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65527189

この記事へのトラックバック一覧です: 能勢町 長谷の棚田:

« ヒマワリが咲いた | トップページ | 北陸の霊峰 白山へ »