« 槍ヶ岳から下山して美ヶ原へ | トップページ | とことん追求! 森友学園問題・・・今夜はこれだ! »

2017年8月 3日 (木)

人は(私は)なぜ山に登るのか?

Dsc05694_2

コンビニに行くにも車を使う、二階に上がるのにもエレベーター・・・とかく現代人はしんどいのを避ける。
一方で、重い荷物を背負い、険しい坂道を延々と登る・・・考えれば不思議な話だ(^^;)

D1292873710881_2

レジャー白書によると、現代は2009年から始まった第三次登山ブームで、年間1000万人前後が山に登っているという。

Dsc06770_3

成熟社会になり登山も変化し、今はオシャレな山ファッションをまとい、綺麗な山小屋がある人気の山に集中する傾向があるとのこと。

その影響か、先日登った槍ヶ岳でも韓国人のグループがきていた・・・日本の有名な山は外国人にとっても魅力的なのだろう。

山ガールブームによって、ファッションが山にも持ち込まれ、機能一辺倒だったウエアや用具がカラフルでお洒落になった。

逆に、山用具が下界を制覇する事態も・・・。

41go98cuurl_sx466_

ノースフェイスというアウトドア用品のメーカーがある。ヨーロッパアルプスのアイガー北壁・・・最も過酷な登頂ルートに因んで名づけられたというが、そのメーカーのザックが都会で大流行。

120444773

今や日本の高校生の“マストアイテム”となり、街中いたるところで見かけるようになった。

ヘルパーのお姉さんにそのバッグの話をしていると、「あぁ あのゴミ箱みたいなやつ!」って、確かに角ばって上蓋が付いているからねぇ~。しかし、ゴミ箱といわれてはノースフェイスも形無しだ( ̄▽ ̄)

メーカーにとっても、このようにタウンユースでブレイクするとは想定外だったというが、お互いに「新大陸」を発見したわけだ。

糖尿病の薬代わりに登山を始めた私だが、今やすっかりその魅力に取りつかれ、週末ごとに山登り。次第に遠出が増えて、日本アルプスの3000mクラスの山に登るまでになった。

常に単独行の私にとって、山登りの魅力は何よりも深い豊かな自然の中に身を置くこと・・・従って、なるべく土日は避けて、金曜に出かけることにしているが、有名な山は平日でも超満員・・・(^^;)

あと、アマチュアカメラ愛好家としては、出かけなければ見られない絶景を写すこと。時折スライドショーにして高齢者施設に提供し、暇つぶしにごらんいただく・・・有難迷惑なことも(^^;)

ゲームや娯楽施設での仮想現実より、自然は限りなく複雑で魅力に満ちている。田んぼ体験を主宰する私としては、願わくば、若者や子どもたちに山登りや自然の魅力を体験して欲しいものだ。

坂本 洋

 

|

« 槍ヶ岳から下山して美ヶ原へ | トップページ | とことん追求! 森友学園問題・・・今夜はこれだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65614272

この記事へのトラックバック一覧です: 人は(私は)なぜ山に登るのか?:

« 槍ヶ岳から下山して美ヶ原へ | トップページ | とことん追求! 森友学園問題・・・今夜はこれだ! »