« ハイネさん 豊川海軍工廠をめぐる4つの物語 | トップページ | 田植えから二か月半 猫の手倶楽部の田んぼはいま »

2017年8月12日 (土)

お盆の思い出

659879

川西市の笹部というところで育った私、小学校のころは「川小僧」だったので、夏はもっぱら川で魚とり。網ですくったり、つかみ取りした雑魚を持ち帰ると、母が醤油で煮ておかずにしていた。

しかし、メッチャ怖かった曾祖父に、「お盆には殺生はするな」と川遊びを禁止されていたのを思い出す。

極貧の母子家庭一家が住むあばら家にも、仏壇があり、お供えをし、お坊さんがきていたものだ。

Img_obon2_3

お供えものは、送り火の後川流しされ、お盆明けの川にはナスやキュウリがぷかぷか浮かんでいた。

そんな風習も私の代で途絶えてしまった(^^;) それでも墓参りだけは折々に続けていて、今日もこれから出かけることにしている。

親戚付き合いがほとんどない私だが、昨日は母が妹のようにかわいがっていた従妹に会いに寝屋川へ。「久しぶりに会いたい」という叔母は85歳、足が多少弱っているが、顔色も良く、週に一度デイサービスに通いながら、娘と元気に暮らしているようで安心した。

この4月に、叔母の次男が新天地を求めてベトナムに旅立った。その彼のことを心配しての相談かと思ったら、そうではなくて、心配されていたのはこの私だった(>_<)

大学を辞め、ドロップアウトし、親不孝の限りを尽くした甲斐性なしの私・・・叔母にとってはいつまでたっても心配で、世話になった母への恩返しのつもりだったのだろうか、多額の「お盆玉」までいただいてしまった。70になるのにねぇ~( ̄▽ ̄) お恥ずかしい限りだ。

お金には縁のない私だが、人とのつながりの縁には、友人だけでなく、見えないところでも支えられていることを今さらながら感じた次第・・・ありがたや お恥ずかしやm(__)m

坂本 洋

|

« ハイネさん 豊川海軍工廠をめぐる4つの物語 | トップページ | 田植えから二か月半 猫の手倶楽部の田んぼはいま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/65653538

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の思い出:

« ハイネさん 豊川海軍工廠をめぐる4つの物語 | トップページ | 田植えから二か月半 猫の手倶楽部の田んぼはいま »