« 緑地のバラ園は「お犬様」天国(^^;) | トップページ | 猫の手倶楽部さんですか? 田んぼ体験したいんですけど・・・ »

2018年5月17日 (木)

国会が株主総会になってしまったこの国・・・

E59bbde4bc9a_3

会期末が近づき、「重要法案」と位置付ける裁量労働制法案を通したい与党と、反対する野党の攻防が激しくなっている。

森友・加計を巡る疑惑も、一年以上に渡って追及がなされてきたが、首相の関与を示す数々の証拠を突き付けられても認めようとせず、トカゲのしっぽ切りで逃げ切ろうとしている。

「いつまで森友やってるんや!」という声もあるが、トップが誰も責任を取らず、「部下がかってにやった」と責任逃れを許しては、また同じことが繰り返されることだろう。

安倍一強が続き、巨大与党に牛耳られた国会では野党の奮闘にも限度がある。議論の場に資料を出さず、しぶしぶ出した資料も改ざんされ、追及してもまともに答えようとしない。

むしろ、意図的にはぐらかし、聞かれたことに答えず関係ないことを延々と答弁して質問時間を消費する・・・本や新聞を読まず、漢字が読めないトップや大臣たちは、演技することなく素のままで珍答弁を繰り返し、とうとう「コッカイオンドク」という爆笑劇を世に晒すことになってしまった(>_<)

Image_economicnews05_3

自ら「三権の長」と名乗った安倍首相は、議論が大嫌い。安定株主の根回しにより全てが異論なく進む「シャンシャン株主総会」が理想・・・さらに言えば、一党独裁で議会は飾りに過ぎないあちこちの国が羨ましいのかも( ̄▽ ̄)

しかし、これほど民主主義が危機に陥っているのに、支持率は未だに30%をキープしている。

安倍さんは疑惑だらけだが、それでも他の内閣より良さそう・・・何があっても野党には任せられない。首相がころころ代わるより、長期政権の方がマシ。富裕層は元より、余裕層や若者世代にまで安定志向がすっかり浸透してしまったようだ。

しかし、「株式会社 ニッポン」は国家規模で粉飾決算を繰り返しているわけで、いずれ必ず破たんする。内田樹さんが言うように、「国破れて山河あり」の先を見据え、どのようになろうと、自らと親しい仲間が生き抜いていくコミュニティーを模索していくことが必要なようだ。

しかし、情けない(>_<)

坂本 洋

|

« 緑地のバラ園は「お犬様」天国(^^;) | トップページ | 猫の手倶楽部さんですか? 田んぼ体験したいんですけど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/66728400

この記事へのトラックバック一覧です: 国会が株主総会になってしまったこの国・・・:

« 緑地のバラ園は「お犬様」天国(^^;) | トップページ | 猫の手倶楽部さんですか? 田んぼ体験したいんですけど・・・ »