« コロナ禍で勢いづく維新・・・こんな時代だからこそ弱者に寄り添う中西とも子市議の圧倒的勝利を! | トップページ | 午前5時30分 スマホがけたたましい警戒情報を受信 »

2020年7月 7日 (火)

もはや防災では追い付かないフェーズでは?

Gouu

日本列島にべったりと前線が張り付き、断続的にもの凄い豪雨を降らせ続ける。経験したことのない雨量という言葉が何度も繰り返され、予報士は「直ちに命を守る行動を取ってください」と・・・。

九州北部豪雨から三年で、再び記録的豪雨に見舞われた九州地方・・・堤防が決壊し、土砂崩れが家屋を襲い、取り残された人々が屋根の上で助けを待つ・・・改めて自然災害のもの凄さに言葉を失う(>_<)

地震・台風・噴火・津波・・・災害列島は大古から繰り返し大災害に見舞われてきたが、その度にたくましく復興してきた。「災害は忘れたころにやってくる」という格言が示すように、自然災害は数十年から数百年という猶予期間を与えてくれていたのだが、近年様相が一変した。

忘れる間もないほど短い期間で、「百年に一度という豪雨」に見舞われるようになってしまった(>_<)

自然災害が巨大化・頻発する理由は、地球温暖化だと素人にもはっきり分かる。海水温度の上昇が対流を活発にするため、台風は巨大化し、前線上に猛烈な雨を降らせるのだろう。ガスコンロに掛けたヤカンから水蒸気が猛烈に吹きあがる現象が地球規模で起こっているわけだ。

その自然現象の活発化に人間の都合が加わって災害は巨大化・・・今まで人が住まないほど山麓奥まで開発し、堤防を高くしてすぐそばまで宅地にして販売する・・・これでは想定を超える豪雨が降れば災害が起こるのは当然か・・・(>_<)

堤防が決壊しても、人家が無ければ被害は抑えられる。それどころか、わざと決壊させて遊水地を設け被害を最小化する知恵を先人たちは持っていた。

いまさら後戻りはできないとばかり、開発は止まらず、更なる堤防のかさ上げやダムでその場しのぎを繰り返そうとするのだろうが・・・そろそろ発想の転換が必要ではないか?

人口減少と東京一極集中で過疎の村や限界集落が増え続けている。大都市の過密が様々な問題を起こしているのだから、狭い災害列島のあるべき近未来を大胆に見直す・・・コロナ禍も見直しにはまたとないチャンスだと思うが・・・(-_-;)

坂本 洋

|

« コロナ禍で勢いづく維新・・・こんな時代だからこそ弱者に寄り添う中西とも子市議の圧倒的勝利を! | トップページ | 午前5時30分 スマホがけたたましい警戒情報を受信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ禍で勢いづく維新・・・こんな時代だからこそ弱者に寄り添う中西とも子市議の圧倒的勝利を! | トップページ | 午前5時30分 スマホがけたたましい警戒情報を受信 »