« 街場の造形作家トヨヤンこと豊川忠宏展を見に巷談舎へ | トップページ | 8月も終わろうというのにこの夏空・・・ »

2020年8月26日 (水)

キクイモの花が咲いた

Dsc06701

伸び放題の植物に覆われ、鬱蒼とした庭の中からキクイモがぐんぐん伸びてきて黄色い花を咲かせた。ヒマワリの仲間なので、この暑さの中でも元気に太陽を追っかけている。

Dsc06698

元は飼料用にアメリカから輸入されたそうだが、畑から逃げ出して河原に自生している。

秋になると地下茎がイモとなり、主成分は多糖類イヌリンを含む食物繊維。生のキクイモには13-20%のイヌリンが含まれ、しかも通常の芋類と異なり、デンプンはほとんど含まれない・・・ということは糖尿病患者には耳よりな話。

道の駅で求め、茹でたり揚げたりして食べているが、効果の方は?

それはともかく、野の花は園芸種にはない乱暴力が魅力。酷暑とコロナ禍でばて気味の目にキク?! ( ̄▽ ̄)

坂本 洋

|

« 街場の造形作家トヨヤンこと豊川忠宏展を見に巷談舎へ | トップページ | 8月も終わろうというのにこの夏空・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街場の造形作家トヨヤンこと豊川忠宏展を見に巷談舎へ | トップページ | 8月も終わろうというのにこの夏空・・・ »