« いよいよ40℃越えが当たり前になってきた都会の夏・・・少しでも冷やすには緑を増やすしかないのだが | トップページ | 酷暑の中で一気読み いまモリッシーを聴くということ »

2020年8月13日 (木)

墓参りもいつまで続くことやら・・・

Img_3009

無神論者の私だが、母の墓参りだけは折々に続けていて、昨日川西市の北部にある墓地を訪れた。母の霊にお参りするというよりは、私の中に記憶を刻みなおすのが目的なのだ・・・。

ここは地域の共同墓地で、仏教・キリスト教・天理教などいろんな宗教様式に則ったお墓が混在している。宗教の違いで殺しあったりしないで、このように穏やかに平和共存して欲しいものだよね(^^;)

Img_3008

坂本家の墓に、15年前に私が母の遺骨を納めた。しかし今後はどうなるか・・・?

母が生んだ子どもは二人だけで、妹は嫁いだのでここに入る可能性があるのは今や私だけ、他に親戚もない。

私は、他の誰がどのような信仰を持とうがそれを尊重するし、葬式や法事では作法に従うが、自らは無神論者で、全ての生き物は死ねば微生物に分解されて地球の構成物質に戻る・・・と思っている(その意味では何かに生まれ変わるのだが、霊魂は信じない)。そんなふうだから墓は要らないし、家族に負担も掛けたくない。

こうなると墓じまいが必要になるのだが・・・それなりの手続きと費用も掛かるようだ。面倒なので先送りにしているが、そろそろ決めておかないとね(-_-;)

カメラを持って神社仏閣を巡るのは好きだが、拝まない不信人者はどうも居心地が悪い。みうらじゅんさんやいとうせいこうさんのように、「見仏」で行きたいのだが・・・「仏様は見るもんやない。拝むもんや!」と叱られそうでどうも困ったものだ(-_-;)

今日も猛暑・酷暑が続く。みなさん、墓参りもどうぞご安全にm(__)m

坂本 洋

|

« いよいよ40℃越えが当たり前になってきた都会の夏・・・少しでも冷やすには緑を増やすしかないのだが | トップページ | 酷暑の中で一気読み いまモリッシーを聴くということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ40℃越えが当たり前になってきた都会の夏・・・少しでも冷やすには緑を増やすしかないのだが | トップページ | 酷暑の中で一気読み いまモリッシーを聴くということ »